セファゾリン vs バンコマイシン 〜メチシリン感受性黄色ブドウ球菌に投与すべきは?〜【107D11】

コウメイ:今回は抗生剤の勉強です。この問題で出題者が伝えたかったメッセージは何でしょうか?

医師国家試験107D11

メチシリン感受性黄色ブドウ球菌による蜂窩織炎の第一選択薬はどれか。

a セファゾリン
b バンコマイシン
c アジスロマイシン
d クリンダマイシン
e テトラサイクリン

目次

1)メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)にはセファゾリン

正解はセファゾリンです。メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)にはセファゾリンを使用します。バンコマイシンを使うのはメチシリンン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)です。

2)念のためバンコマイシン?

中には「MSSAにセファゾリンが効くのは分かりました。でも念のためバンコマイシンを使ったほうがいいのでは?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。おそらくバンコマイシンの方がセファゾリンより強いと思っているのでしょう。しかし、それは間違いです。

確かにMRSAにはバンコマイシンでないと効きませんが、MSSAにはセファゾリンの方がよく効きます。MSSAにはセファゾリンを使うようにしてください。

3)出題者のメッセージ 

出題者がこの問題を出した理由は「MSSA、 MRSAいずれの場合でもバンコマイシンはセファゾリンより強いと勘違している医師がおり、MSSAにバンコマイシンを使いよく効かない上に耐性菌を作り出している」という実状があるからだと思います。それを無くすためにこの問題を出したのでしょう。

目次
閉じる