【書籍の紹介】『他科コンサルト実践マニュアル』【第1章無料ダウンロード】

2021年6月30日に「他科コンサルト」についての本が出版となりました.主に医師(医大生,初期研修医,後期研修医,指導医)向けの内容になっています.

他科コンサルト実践マニュアル_表紙

Amazonへ  楽天ブックスへ  紀伊國屋書店へ
※いずれも送料無料です.定価は4,840円(税込み)です.

目次

0)そもそもコンサルトとは?(第1章無料ダウンロード)

医大生や初期研修医になりたての方にとってコンサルトはあまりイメージがつきにくいかもしれません.本書の第1章ではそのような方向けに,コンサルトの基本について解説しました.下記から無料で読むことができます!

他科コンサルト実践マニュアル_第1章(クリック)

1)コンサルトの基準を作りたい

臨床医として働くと日常的にコンサルトをしますが,絶対的な基準は存在しません.施設や患者の状態によって基準が異なるので絶対的な基準を作るのは難しいですが,全く知識がない場合,無難なコンサルトをするのが難しくなります.よって,全国共通の一定の基準を作成するのは意義があると考え,本書を作成することになりました.また,一定の基準が存在すると,それを元により良いコンサルトについて議論をすることができます.

具体的なコンサルトの場面や目次は下記(羊土社ホームページ)をご参照ください.

https://www.yodosha.co.jp/yodobook/book/9784758123754/index.html

2)本書の特徴

①コウメイが全ページを編集
②コンサルトのタイミングを重視
③「他科へのお願い」を掲載

①コウメイが全ページを編集

医学書ってどのように作成するかご存知でしょうか?もちろん執筆者が原稿を作成するのですが,それだけでは書籍にはなりません.オリジナルの原稿をより読みやすくするため編集者が編集を行います.

執筆者と編集者

この編集をどこまでするかによって,書籍の内容・分かりやすさに差がでてきます.

その分野に詳しい編集者が熱心に編集すればより良い医学書になり,そうでない編集者が編集すればイマイチな医学書になる可能性が高くなります.

今回私は編集者として全ての原稿を読み,より読者にとって分かりやすくかつ実践的な内容になるよう何度も執筆者とやりとりを行いました

②コンサルトのタイミングを重視

本書と類似の書籍に救急マニュアルがあります.書籍によっては1から10までとても詳しく治療法が書いてあり勉強にはなるのですが,実臨床で1から10までを1人で行うことはあまりありません.どこかの段階で専門科にコンサルトをするのが一般的です.コンサルトをするタイミングが適切でないと医師にとっては負担になるだけで,患者にとってはあまりメリットがありません.

本書では実臨床に即し,コンサルトをする前提で疾患の説明をするようにしました.

③「他科へのお願い」を掲載

後期研修医以降になると,コンサルトをする側だけではなく受ける側にもなります.その際,

「本来なら○○してからコンサルトしてほしい(けどなかなか言えない)」
「いつもこの検査してからコンサルトされるけど,実はしない方がいい(けどなかなか言えない)」

と思うことがあります.

センシティブな内容なので書籍に掲載されることはあまりないのですが,重要な内容ですので本書では掲載することにしました.

3)各科の見どころ(随時更新)

4)各先生方へのメッセージ

【医大生】
いろいろな疾患がでてきましたが,国試で出題される疾患が大半でした.つまり,国試の勉強は実臨床でも役に立ちます.おそらく本書を読む前より勉強するモチベーションが上がったことでしょう.このまま国試の勉強を継続していただければと思います.

【初期研修医の先生】
当直を本格的に始める前であれば,当直を具体的にイメージすることができ,少しは不安が解消されたかと思います.すでに当直を本格的に行っている場合は,本書に記載してある症例を経験し,実際にお役に立てたかもしれません.

しかし,紙面の都合で記載できなかったものもあり,疑問が解決できていないこともあるかと思います.もし本書で解決できない疑問がある場合は下記からご連絡ください.可能なものはwebで回答し,難しい場合は改版の際の参考にさせていただきます.

また本書の通りにコンサルトを行った結果,上級医やコンサルト先から何か指摘された場合もご連絡ください.内容によっては詳細に確認し,可能なものはwebで補足し,難しい場合は改版の際の参考にさせていただきます.

【後期研修医・指導医の先生】
後期研修医・指導医の先生はコンサルトを受ける側であることが多いと思います.普段思っているけどコンサルト元にはなかなか言えないでいること,もしくは本書の内容と違う考えがありましたら,下記よりご指摘いただければと思います.

【読者の皆様全員へ】
本書の作成は終わりではなくはじまりと考えております.皆様のご意見を元に,さらによい書籍(コンテンツ)を作成できればと思っています.何か気になる点がございましたら,ぜひ下記よりご指摘いただければ幸いです.今後もよろしくお願いいたします.

https://www.yodosha.co.jp/inquiry.html

目次
閉じる