下肢静脈瘤の治療 | 硬化療法を見たことありますか?

コウメイ:今回は下肢静脈瘤の治療について説明していきます。実際の治療を見たことありますか?まずは国試の過去問を見てみましょう。

第103回医師国家試験D53

44歳の女性。両下腿の静脈怒張と色素沈着とを主訴に来院した。7年前、第2子出産後から下肢の静脈怒張に気付いていた。2年前から色素沈着を伴うようになり疲れやすくなった。実家が美容院を経営し、週に3日手伝っている。

身長150cm、体重62kg。脈拍72/分、整。血圧122/74mmHg。
両下肢に表在性の拡張と蛇行とを認め、茶褐色の色素沈着と硬結 とを認める。
仰臥位で下肢を拳上すると表在静脈は虚脱する。虚脱させた状態で大体上部を圧迫し、起立させても静脈の拡張はない。

対応として誤っているのはどれか。

  1. 下肢拳上
  2. 硬化療法
  3. 静脈抜去術
  4. 抗凝固薬投与
  5. 弾性ストッキング着用

 

学生B:下肢静脈瘤っぽいですね。硬化療法って何かな?血栓ができたら大変だから抗凝固薬は飲んだほうがいいかな。ん~、よく分かりません。

 

コウメイ:正解はdの抗凝固薬投与です。ヘパリンやワーファリンは必要ありません。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の原因には

  • 表在静脈の弁の機能不全(一次性)
  • 深部静脈の閉塞(二次性)

がありますが、この患者は前者のようです。つまり一次性静脈瘤です。

なぜそうなるかは解剖の教科書をみながら考えるのがいいです。

  • Trendelenburg試験が陽性だから・・とか
  • Perthes試験が陽性だから・・とか

を丸暗記してもすぐに忘れてしまいます。解剖の教科書を見ながら自分で考えてみてください。

 

下肢静脈瘤の治療

さて、この患者にはどのような治療が必要でしょうか?そもそもなぜ一次性静脈瘤に治療が必要なのでしょうか?

一次静脈瘤も治療が必要です。それは、

  • 整容(見た目)
  • うっ滞性皮膚炎

を治療するためです。

一番簡単にできるのが下肢拳上です。いつでもどこでもできます。弾性ストッキングも自宅でできます。それでも治らないときは硬化療法と静脈抜去術を行うことがあります。

硬化療法を見たたことありますか?治療法は言葉だけ知っていても意味がないので実際の治療を見てみましょう。

 

下肢静脈瘤に対する硬化療法のやり方(動画)

 

下肢静脈瘤が次第になくなりましたね。

 

学生B:静脈瘤はなくなりましたけど、静脈がなくなって大丈夫なのですか?

 

コウメイ:大丈夫です。静脈は他にたくさんあり、深部静脈に交通しているので問題ありません。

 

学生B:血栓ができて肺血栓塞栓症にはならないのですか?

 

コウメイ:それも大丈夫です。一次静脈瘤では血栓症の心配はありません。抗凝固薬の投与も必要ありません。

ちなみに、下肢静脈瘤の原因として

  • 立ち仕事
  • 妊娠・出産
  • 遺伝

があります。この機会に覚えておくといいでしょう。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)