過去問の利用の仕方

最終確認日:2017/07/28 最終更新日:2017/07/28

コウメイ:過去問の利用の仕方について質問をいただいたので、回答していきます。まずは質問の元になった問題を見てみましょう。

医師国家試験
第107回医師国家試験C8

正解:b

 

この問題に対し以下のような質問をいただきました。

読者からの質問

過去問の解き方について教えてください。例えば107C8の問題で、私だったら、「呼吸で移動は胆嚢かぁ」と覚えて終わっています。コウメイ先生だったらどのように解きますか?

 

効果的な過去問の利用法

私だったらこの問題を以下のように利用します。

ステップ1 正解を知る

まずは普通に正解を確認しましょう。「正解はbの胆嚢癌かぁ。」という感じOKです。

ステップ2 想像する

a〜e全ての臓器について、呼吸をするとどうなるかアトラスを見ながら想像してみましょう。「これなら呼吸で動くな」「これは呼吸で動くはずがない」という感じです。

ステップ3 それぞれの病気について勉強する

いつも言っていますが、医学の勉強で大切なのは

  • 概念
  • 診断
  • 治療
  • +α

です。a〜eの病気について言えますか?言えなかったら教科書で確認し、ノートに自分の言葉でまとめるようにしましょう。

私ならこのように過去問を利用します。特にステップ3はどの問題ででも意識するようにしてみてください。かなり力がつくはずです。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)