自分の言葉でまとめるとは?

最終確認日:2017/07/24 最終更新日:2017/07/24

コウメイ:以前の記事で

  • 番所の丸写しは意味が無い
  • 「自分の言葉で」ノートにまとめるのが大事

と説明しました。今回は「自分の言葉」というのを詳しく説明していきます。

読以前の記事はこちらです
 

 

学生C君の「寝たきり度」の覚え方

コウメイ:まずはこちらの問題を見てください。

第108回医師国家試験E15
108E15

正解:a

 

この問題を勉強する場合、寝たきり度を知る必要があります。実際に見てみましょう。

寝たきり度の判定基準
寝たきり度の判定基準

 

コウメイ:全部覚えられますか?

 

学生C:今ノートに書いて覚えているところなので、ちょっと黙っていてください。

学生C君のノートのとり方

ランクJ:何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており、独力で外出する。

  1. 交通機関等を利用して外出する
  2. 隣近所へなら外出する

ランクA:屋内での生活は概ね自立しているが介助なしには外出しない

  1. 介助により外出し、日中はほとんどベッドから離れて生活する
  2. 外出の頻度が少なく、日中も寝たり起きたりの生活をしている

ランクB:屋内での生活は・・

 

コウメイ:いや〜、一字一句きれ〜いに写していますね。それ覚えられるんですか?

 

学生C:だから黙っていてください。あ〜、忘れちゃった。先生のせいですよ!!

 

コウメイ:ジャマしてすみません。でも、覚えられないのは私のせいではなく、一字一句そのまま覚えようとしているからですよ。

ただ丸写しするのではなく、自分の言葉で覚えるようにしましょう。

 

お勧めノートのとり方

コウメイ:私ならこんな感じでまとめます。

コウメイのノートのとり方

ランクJ:外出できる
ランクA:室内
ランクB:座れる
ランクC:ベッド上

 

これなら1分位で覚えられそうじゃないですか?このような感じで、「自分の言葉で」短くまとめることをお勧めします。

 

正確に覚えたほうがいいんじゃないですか?

「自分の言葉で」短くまとめることをお勧めしましたが、中には「そんな一部を覚えるんじゃなくて、全部正確に覚えた方がいいんじゃないですか?」とお考えの方もいるかもしれません。

もちろん、全部覚えられるなら覚えるに越したことはありません。わざわざ短くする必要はありません。

しかし、これを全部覚えるのにどれだけ時間がかかるでしょうか?私は記憶力がそれほど良いわけではないので、10分位かかるかもしれません。一方、自分の言葉でまとめた方なら1分もあれば覚えます。

この差の9分がメチャクチャ重要です。9分あれば、一般問題なら9問位、臨床問題なら3問位解くことができるかと思います。

あなたなら、10分間勉強するとして、どちらの方がタメになりますか?

A:10分かけて「寝たきり度」を正確に覚える
B:1分で「寝たきり度」をある程度覚え、9分で一般問題や 臨床問題を数問解く

 

学生C:Bですね。今までは全てきちんと覚えることが大事だと思っていたんですが、そうすると他の勉強ができず、トータルとしては良くないこともあるんですね。

 

コウメイ:そうなんです。同様の事例は他にもあります。例えば、1本のネット講座を5時間も6時間もかけて、ていね〜いに見ても、まだ見ていないネット講座が大量にたまっていたら意味がありません。それよりは、板書の量を減らすなどして、2本もしくは3本見た方がいいです。

もちろん、「寝たきり度」をランクJ、A、B、Cがあるとだけ覚え、内容は一切覚えないのや、ネット講座を集中もせずただ流しておいて、1日に8本見ました!!というのは意味がなく、バランスが大切であることを付け加えておきます。

以上、ノートのまとめ方とネット講座の利用法について説明しました。今回の講義は終わりです。お疲れ様でした(^_^)

こちらもタメになります。

「全てを選べ(スーパーX)」はやめよう。

模試の復習が終わりません!!

完璧主義は完璧でない?!