【絶対に医師国家試験合格したい方向け】6年生・予備校生の年末年始の過ごし方

コウメイ(@kokusigokaku):今日は12月30日で、所謂年末年始の時期です。この時期の勉強法について説明します。

いつも通り10時間以上勉強する

絶対に合格したいのであれば、いつも通り10時間以上勉強しましょう。

中にはお酒を飲んで楽しくしたいとか、お正月位ゆっくりしたいと思っている方もいるでしょう。よく考えてほしいのですが、なぜ年末年始だからと言ってお酒を飲んだり、ゆっくりするのでしょうか。個人的にメリットはないと考えています。テレビの特番が無意味なのは言うまでもありません。
※私は普段お酒を飲みますが、安いお酒をただ酔うために飲むようなことはしません。いいお酒を少量、味わうために飲みます。年末年始も同様です。

考え方は人によって異なるので、年末年始はゆっくりするという考えがあってもいいのですが、その間に勉強や自己研磨をする人もいることは頭にいれておく必要はあります。

過去問を回数別に10年分解く

できるだけ早めに過去問を回数別で10年分解くようにしましょう。なぜか3年分しか解かない人がいますが、大学入試のとき、センターや二次試験の問題をそれしか解きませんでしたか?おそらくもっと解いたと思います。医学部に入学する目的は医師になることでしょう。それなのに、最後の最後で妥協するのは意味が分かりません。

中には3年分で合格する人もいるでしょう。しかし、4年分、5年分、6年分、・・10年分と解いたほうが合格する可能性は上がります。絶対に合格したい方は10年分解きましょう。一見すると大変そうに思えますが、分野別で解いたことがある問題が多いので思っている程はではありません。下の記事も併せてご覧ください。

無痛性甲状腺炎のTcシンチ2

本気で合格したければ医師国家試験の過去問は10年分解こう【105A35, 100F52】

2013/04/02

24時までには寝る

お酒を飲んだり、テレビを見たりして夜遅くなるのは論外ですが、勉強して寝るのが遅くなるのも良いことではありません。24時頃には寝ることをお勧めします。

絶対に医師国家試験に合格したい方は参考にしてみてください。