問題集の正しい使い方 | 選択肢は見ない方がいい?

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:今回は問題集の使い方について考えてみます。

 

選択肢は見ないで自分で考えよう?

私は国試のサイトを運営しているので、国試予備校のサイトを参考のタメに見たりします。そこで次のようなことを言う先生がいました。

「選択肢は見ないで自分で考えよう。」

ただ選択肢を選ぶだけじゃなくて、よく考えてほしいとの理由で言っているのだと思います。しかし、これについて私は反対です。

 

臨床経験の有無によって違う

基本的な医学を勉強し、国試に受かり、ある程度臨床をやった人なら、 選択肢を見ない勉強法は面白くタメになります。今の私は過去問を解くときに選択肢を見ず、自分だったらどうするかなと考えながら解きます。 

そして、選択肢を見て「やっぱりそうだよな」とか「違うんじゃないか」とか思いながら楽しく勉強することができます。でもこのやり方は多くの学生にとっては難しいと思います。

まだこの時期は問題自体の意味が分からないことが多いのではないでしょうか?そんな中、選択肢を見ずに自分で考えるのは無理です。どんなに考えても答えはでてきません。時間の無駄です。

実際、私が6年の時模試で上位1割に入っていましたが、選択肢を見ずに解答するのは無理でした。

 

順序が大切

ハリソンvsステップでも説明しましたが、勉強は順序が大切です。まずは選択肢を見て解答できるようになりましょう。とりあえずこれを一生懸命やれば国試には受かります。それを終えたら選択肢を見ずに解答してみましょう。ここまでできれば国試は怖くありません。

長くなったのでまとめます。

選択肢を見て解答⇒選択肢を見ないで解答

この順序が大切です。 今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)