ハリソン内科学とステップ内科学のどちらを買うべきか?

最終確認日:2018/05/05 最終更新日:2018/05/05

コウメイ:今回は医大生にとってのオススメの教科書について考えていきたいと思います。

ハリソン内科学はある程度知識がついてから

医学の教科書と言えば、ステップ、病みえ、できった、ハリソンなど色々ありますが、私はステップをオススメします。 しかし、「アンチョコ本ではなくきちんとハリソンを読みなさい」という意見もあります。どちらがいいのでしょうか?

結論を言う前に、この中で私が今一番読んでいる本を教えます。それは・・ハリソンです。詳しく書いてあり、とても勉強になります。

 

学生B:さっきと言っていることが違うじゃないですか!!

 

コウメイ:まぁまぁ、落ち着いて。あくまで今の私にとってハリソンが有用なのです。

基本的な医学を勉強し、国試にも合格し、臨床を経験した上でハリソンを読むと非常に面白いしタメになります。

多くの医師がハリソンを勧めるのは、すでに知識や経験があるからです。知識や経験があるひとにとってはハリソンはとてもいい教科書です。

しかし、基本的な医学の知識や経験がないひとがハリソンを読んでも何を言っているのか全く分らないと思います。ハリソンには基本的な語彙の説明はあまり書いてありません。そんなの知っているものとして話が進んでいきます。

 

学生にとって役に立つ教科書はステップ

学生B:じゃ、基本的な語彙はどうやって勉強すればいいんですか?

 

コウメイ:ステップです。ステップは基本的な語彙の説明からある程度難しい内容までバランスよく書いています。ステップをしっかり読めば医師国家試験に十分合格できます。多くの学生には非常に有益な本だと思います。

ステップを読んだうえでもっと詳しい内容を知りたいとき、ハリソンを読むのがいいです。

つまりステップハリソンという順序が大切です。

教科書は何を買おうか迷っているひとがいたらまずはステップを買いましょう。迷っている段階でハリソンを読んでもやる気をなくすだけです。ステップをしっかり読んでからハリソンを読みましょう。

長くなりましたのでまとめます。

  • ステップ⇒ハリソンという順序が大切です。
  • ステップだけで十分国試に受かります。

 

以下も教科書を買うときの参考にしてみてください。お疲れ様でした(^_^)

病態生理できった内科学 | 病気がみえる | イヤーノート

year noteは買うべきか?