コウメイ:「とても分かりやすいMRIの話」シリーズの第3話です。

全4話になっております。順番通りに読むことをお勧めします。

 

 

第1話:とても分かりやすいMRIの話 | T1強調画像、T2強調画像とは?

第2話:とても分かりやすいMRIの話 | FLAIR、拡散強調画像(DWI),T2*とは?

第3話:とても分かりやすいMRIの話 | FLAIRはT1?T2?

最終話:とても分かりやすいMRIの話 | まとめ

 

 

FLAIR画像はT2の水を黒くしたものと言われますが、

皆さん納得できていますか?

無理やり覚えているひともいるのではないでしょうか。

今回の記事を読むときちんと理解できますよ。

 

 

FLAIR、T1強調画像、T2強調画像

まずは実際の画像を見てみましょう。

左からFLAIR、T1強調画像、T2強調画像です。

 

いかがですか?

ぱっと見、FLAIRはT1とT2のどちらに似ていますか?

 

 

学生B:どちらにも似ていません。

 

 

コウメイ:正直ですね・・。

確かに一見するとどちらにも似ていません。

しかし、よ〜く見るとT2なんです。

 

 

学生B:・・・。

 

 

コウメイ:納得していないようですね。

それでは皮質と髄質との境界に注目して見てみましょう。

 

 

皮質と髄質に注目

それぞれ白っぽいですか?黒っぽいですか?

 

 

学生B:FLAIRは皮質が白で、髄質が黒です。

T1は皮質が黒で、髄質が白です。T2は皮質が白で、髄質が黒です。

あっ、FLAIRとT2が同じですね。なるほど~。

FLAIRはT2 

 

 

コウメイ:納得していただけたでしょうか?

 

いやいや、そんなこと言っても見た目が明らかに違うじゃないか。

俺はダマされないぞ!!

 

コウメイ:まだ、このように思っている人もいるかもしれないですね。

ここで覚えてほしいのですが、MRIやCTのコントラストはいくらでも

自由に変えることができます。

 

 

コントラストは容易に変更可

皆さんも電子カルテでコントラストを変えたことがあるのでは

ないでしょうか。ですので、色の明るさは絶対的なものではありません。

 

T2のコントラストを少し変えればかなりFLAIRっぽくなります。

しかし、T1のコントラストをいくら変えてもFLAIRっぽくはなりません。

白と黒が逆転することは絶対にありませんので。ここ理解できますか?

 

※なぜコントラストを変えているのかはその方が見やすいからです。

FLAIRとT2が全く一緒だったら意味ないですからね。

 

以上の理由からFLAIRはT2の画像となります。

理解できた方はもうFLAIRはT2にしか見えませんよね。

 

次回は今までの説明をもとに質問者の方からの質問の残りを

答えていきます。

とても分かりやすいMRIの話 | まとめ

とても分かりやすいMRIの話 | FLAIRはT1?T2?