モルヒネ内服と放射線治療。「まず」行うのは?【107C30】

コウメイ:読者の方から「癌性疼痛の治療」について質問をいただきましたので回答します。まずは質問の元になった問題を見てみましょう。

医師国家試験107C30

48歳の男性。腹部膨満感、咳、腰痛および腹痛を主訴に来院した。
現病歴:2年前に胃癌で胃全摘術を受け、その後外来で約6か月間の抗癌化学療法を受け外来通院で経過観察となった。1年前に腫瘍マーカーの上昇と肝転移とを指摘され、再度抗癌化学療法を受けたが、食欲不振が高度となり、治療効果が認められず中止となった。4か月前から上腹部の膨満、咳および腰痛を自覚していた。画像診断で軽度の腹水貯留と肝、肺および腰椎への多発転移が認められた。利尿薬、鎮咳薬および非ステロイド性抗炎症薬の処方にて落ち着いていたが、3日前から新たに腹部の鈍痛が出現したため受診した。経口摂取は可能である。
既往歴:特記すべきことはない。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒は日本酒1合/日を20年間。
家族歴:父親が肺癌のため70歳で死亡。
現 症:意識は清明。身長165cm、体重56kg。2年間で10kgの体重減少。体温36.2℃。脈拍84/分、整。血圧134/80mmHg。呼吸数18/分。SpO2 96%。眼球結膜に黄染を認めない。心音に異常を認めない。呼吸音は左背部で減弱している。腹部はやや膨隆しているが軟で、心窩部に圧痛がある。心窩部に肝を触知し、両下肢に軽度の浮腫を認める。
検査所見:血液所見:赤血球364万、Hb 10.3g/dL、Ht 32%、白血球6,400、血小板14万。血液生化学所見:血糖78mg/dL、総蛋白5.9g/dL、アルブミン2.4g/dL、尿素窒素10mg/dL、クレアチニン0.4mg/dL、尿酸4.9mg/dL、総コレステロール187mg/dL、トリグリセリド143mg/dL、総ビリルビン0.8mg/dL、AST 32U/L、ALT 18U/L、LD 387U/L(基準176~353)、ALP 644U/L(基準115~359)、γ-GTP 32U/L(基準8~50)、アミラーゼ124U/L(基準37~160)、Na 134mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L、Ca 6.5mg/dL。CEA 28.7ng/mL(基準5以下)、CA19-9 336U/mL(基準37以下)。CRP 3.4mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.32、PaCO2 38Torr、PaO2 94Torr、HCO3 19mEq/L。

まず行うべき治療はどれか。

a 輸血
b 放射線治療
c 抗癌化学療法
d モルヒネの経口投与
e フェンタニルの持続静注

この問題に対し以下のような質問を持ったようです。

読者からの質問

モルヒネを使うことは理解できるのですが、腰痛に対し放射線療法は適応とならないのでしょうか?

今回は放射線治療がいいのか、モルヒネ治療がいいのかについて考えていきます。

目次

1)モルヒネの経口投与

モルヒネは投与量を決めればその日から開始できます。皆さんも研修医になったら指導医と一緒に考えて処方することがあると思います。

2)放射線治療

一方、放射線治療は「まず」行うことができません。以下が主な理由です。

① どこでもできる治療ではない

放射線治療はどこの病院でもできるわけではありません。大学病院のような大きな病院でないとできません。
※モルヒネは一般的な病院で処方することができます。

② すぐに効果があるわけではない

放射線治療はすぐに痛みが治まるものではありません。数週間かけて徐々に痛みが治まります。

以上の理由で放射線治療は「まず」行う治療ではありません。

目次
閉じる