ビタミンB1の投与法 〜Wernicke脳症の予防〜

コウメイ(@kokusigokaku):妊婦への点滴の問題です。お薬の名前がでてきますが、本物見たことありますか?まずは国試の過去問を見てみましょう。

第105回医師国家試験E49

28歳の女性。全身倦怠感の増強を主訴に来院した。1週前に自宅近くの診療所で妊娠と診断された。5日前から悪心と嘔吐とが出現し、自宅で経過をみていたが改善せず、食事摂取が困難になった。超音波検査で子宮内に胎嚢と心拍動を有する胎芽とを認める。

血液所見:赤血球 430万、Hb 14.8g/dl、Ht 46%、白血球 12,100、血小板 32万。

輸液を行うこととした。輸液に加えるべきものはどれか。

  1. ビタミンB1
  2. ビタミンB2
  3. ビタミンB6
  4. ビタミンB12
  5. ビタミンC
答え(クリック)

a

 

ビタミンB1 〜Wernicke脳症の予防〜

正解はaのビタミンB1です。Wernicke脳症を防ぐんですよね。

ではビタミンB1をどうやって点滴に入れますか?

詳しくは医者になってから覚えればいいのですが、ビタミンB1を入れるとだけ覚えてもつまらないので実際の商品を見てみましょう。

まず、ビタミンB1はこのような瓶に入っています。当院ではビタメジンという商品を使用しています。病院によって異なると思いますので実際に働いた際は確認が必要です。

ビタメジン

これを点滴に混ぜて投与します。基本的に補液製剤にはビタミンは入っていないので、研修医になり補液を行う場合はビタミンの混注を忘れないようにしましょう。