拡張期雑音のランブルとは?

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:拡張期雑音でランブルってありますけど、ランブルって何でしょうか?スルーせずきちんと調べてみましょう。まずは国試の過去問をみてみましょう。

第104回医師国家試験E56

62歳の女性。労作時の息切れを主訴に来院した。20歳のころに微熱が続き、抗菌薬治療をうけたことがある。心尖部領域に雑音を聴取する。心エコー図を示す。

僧房弁狭窄症のエコー 僧房弁狭窄症のエコー

心音聴診で聴取されるのはどれか。2つ選べ。

  1. opening snap
  2. 収縮中期クリック
  3. 収縮期駆出性雑音
  4. 拡張早期高張性雑音
  5. 拡張中期低調性雑音

 

学生B:エコーでは僧帽弁狭窄症だな。そうすると、onening snapと拡張期ランブルだからaと・・

 

コウメイ:病名は僧帽弁狭窄症で、聴診はonening snapと拡張期ランブルあっています。ランブルとはrumbleで雷のような低くゴロゴロした音のことです。ですので、「拡張期ランブル⇒拡張中期調性雑音」となります。

おそらく多くの方が初めて勉強したとき”ランブルって何だよ?”と疑問に感じると思いますが、そのままスルーしてしまうのではないでしょうか。そうすると今回のような問題が解けなくなってしまいます。

国試までまだ時間があるので気になる単語があったらそのつど調べるのがいいと思います。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)