QRS幅の狭い、広い、正常とは?

最終確認日:2017/07/28 最終更新日:2017/07/28

コウメイ:読者の方よりQRS幅について質問をいただいたので回答します。まずは質問を紹介します。

読者からの質問

心房細動の心電図について質問です。心房細動でなぜQRS幅が狭くなるか教えてください。心房細動の心室の収縮は、刺激伝導系を伝わって起こるので、速度は正常と変わらず、QRSの幅は正常になると思います。なぜ狭くなるのでしょうか?

 

QRS幅の正常とは?

コウメイ:おそらくQRS幅についてちょっと勘違いされていると思われます。

QRS幅は正常、狭い、広いの3つがあり、「狭い」は正常より狭い、「広い」は正常より広いと思っていませんか?それは違います。

QRS幅は狭い、広いの2つしかありません。そして、

  • 狭い=正常=刺激伝導系を通っている
  • 広い=異常=刺激伝導系を通っていない

となります。

 

心房細動のQRS幅は正常

よって、心房細動で「QRS幅が狭い」というのは、正常という意味になります。心房細動に限らずQRS幅が狭いと書いてあった場合、それは正常であることを意味します。

以上で回答は終わりです。QRS幅について復習したい方はこちらをご覧ください。
心室頻拍の心電図