ノートにまとめるべきか、参考書にまとめるべきか?

最終確認日:2017/07/22 最終更新日:2017/07/22

コウメイ:読者の方から質問をいただいたので回答します。

読者からの質問

コウメイ先生はノートにまとめることを勧めていますが、私はノートではなくレビューブックの空きスペースに書き込んでいます。やっぱりノートの方がいいですか?

 

私はノートをオススメします。その理由を説明していきますね。

何度も見ることができる

私がノートを勧める一番の理由は「ノートだとすぐに何度も見ることができるから」です。レビューブックに書き込むとそのページを開かなければいけません。

最近どこに書き込みしたか分かりますか?
・どの書き込みが覚えるべき内容か分かりますか?
・そもそも、今までに書き込んだページを見ていますか?

書き込むことを目的にしてはいけません。書き込むのはあくまで手段です。目的は覚えることです。覚えるためには何度も何度も何度も繰り返し見る必要があります。そのためにはノートがオススメです。

 

「今」自分が覚えたいことが分かる

レビューブックだとすでに知っている内容も、今覚えたい内容も一緒になっています。読むのに時間がかかるし、集中力もなくなります。

ノートだと今、自分が覚えたいことしか書いていないため、読む時間が圧倒的に短縮でき、集中して覚えることができます。

※ノートには今自分が覚えたいことのみを書くのが前提です。すでに知っていることをわざわざ書いたり、ましてや板書を一字一句丸写しする必要はありません。

 

保存ではなく覚えることが目的

ノートは保存するために書くのではありません。覚えるために書くのです。ですので、いつまでも過去のページを大切にしてはいけません。何度も何度も見直して「もう頭に入ってあるからこのページは見なくていい」という状態になっているようにしましょう。

繰り返しになりますが、このようになるには自分が覚えたいことのみをノートに書くというのが大切です。

以上でノートについての解説は終わりになります。もしもっと細かいところが知りたい方はご連絡ください。お疲れ様でした(^_^)