腸閉塞に大腸内視鏡は行ってよいのか? 〜メリットとデメリットのどちらが大きいか〜

コウメイ(@kokusigokaku):読者の方から「腸閉塞に大腸内視鏡は行ってよいか?」との質問をいただきました。まずは質問の元になった問題を見てみましょう。

題99回医師国家試験H13

66歳の男性。朝から腹痛が出現したため来院した。開腹歴はない。2日前から排便・排ガスがない。

イレウスのレントゲン(99h13)

次に行うべき検査はどれか。

  1. 胃内視鏡
  2. 小腸造影
  3. 腹部大動脈造影
  4. 腰椎MRI
  5. 大腸内視鏡

 

この問題に対し次のように疑問に思ったようです。

読者からの質問

病歴から大腸癌によるイレウスを疑うのはわかるのですが、これに対していきなり内視鏡を行ってよいのでしょうか。内視鏡は送気してしまうため、イレウスにはよくないと勉強した記憶があります。今回は大腸癌という致死的な疾患を疑うため、送気でイレウスを少々悪化させる程度のリスクは仕方ないということでしょうか。

 

考えられる疾患と対応

腸閉塞の場合、胃管やイレウスチューブが検討されますが、レントゲンを見ると胃や小腸にはガスがありません。よって、今行っても効果はないでしょう。

本患者では開腹歴がありません。また、閉塞部位は大腸です。よって、大腸癌は鑑別に挙がります。大腸癌の診断のために大腸内視鏡は検討されます。

送気は閉塞部位より肛門側

大腸内視鏡検査をするときは送気しながら内視鏡を進めるので、一見すると腸閉塞が悪化しそうです。しかし、よく考えると送気するのは閉塞部位より肛門側です。

もちろん、必要以上に送気をすれば閉塞部位より口側に空気が漏れ腸閉塞が悪化する可能性がありますが、大腸内視鏡を行うと病変部位を直接確認でき、必要であればステントを挿入できるのでデメリットよりはメリットの方が大きいと思われます。
※もちろん、小腸に閉塞部位があると考えられる場合は大腸内視鏡をする意義はありません。