妊婦の膣分泌培養検査の培養は陰性がよい? 〜Doderlein桿菌〜【101B87】

コウメイ(@kokusigokaku):今回は苦手なひとが多い産婦人科を解説していきたいと思います。

第101回医師国家試験B87

妊婦の膣分泌培養検査で望ましいのはどれか。

  1. 培養陰性
  2. Candida属陽性
  3. Lactobacillas属陽性
  4. Gardnerella vaginalis属陽性
  5. Group B Streptococcus(GBS)属陽性
答え(クリック)

c

 

「膣には細菌がいない方がいいと思うので aの培養陰性だと思います」

と思われた方は間違いです。

Doderlein桿菌は膣を酸性にし病原菌の繁殖を防ぐ

正解はcのLactobacillas属陽性です。乳酸菌の一種です。

一見すると無菌の方がいい気もします。確かに無菌状態がずっと続くならいいのですが、何かのきっかけで病原菌が侵入してきたらあっという間に占領されてしまいます。

そんな時、Lactobacillas属がいてくれたら安心です。人にはLactobacillas属のなかのDoderlein桿菌が常在しています。
※デーデルラインと読みます。

膣の壁(扁平上皮)には大量のグリコーゲンが含まれます。Doderlein桿菌は乳酸菌の一種なので、グリコーゲン(えさ)を乳酸に分解します。乳酸は酸ですので膣のpHは4前後になります。膣は酸性環境になり病原菌から身を守ることができます。まさに共存ですね。

Gardnerella vaginalisは細菌性腟症の原因

ちなみに、eのGardnerella vaginalisですが、何となくvaginalis(膣)という名前がついているので、膣によさそうな菌の気もしますが、細菌性腟症の原因と考えられていますので悪い菌に分類されます。