食道癌術後に肺合併症が起こる理由

コウメイ(@kokusigokaku):食道癌について質問をいただいたので回答します。

読者からの質問

year note(2014)のA-27に食道癌の術後合併症が掲載されており、「術後早期合併症では肺合併症が最多であり、このほか不整脈、縫合不全、反回神経麻痺、乳び胸がある」という記述が見られます。

反回神経麻痺や乳び胸については、細いものなので傷つけてしまうリスクが 高いのだろうと推察できますが、 肺合併症は機序が分かりません。大きな臓器も術中に損傷することがあるのでしょうか。

 

食道癌術後に起こる肺合併症

肺合併症として以下のようなものがあります。

ARDS

食道癌の手術は気管支周囲も広範囲に切除することがあります。その時、小さな血管の損傷や、炎症によるサイトカイン分泌などが原因でARDSが起こることがあります。

無気肺

術中、片肺換気にすることがあるので、換気していない方の肺が無気肺になることがあります。

誤嚥性肺炎

反回神経が障害されると、嚥下機能が低下するので術後、誤嚥性肺炎が起こることがあります。

以上、肺を直接損傷しなくても、合併症が起こることがあります。

【補足】イヤーノートは忘れたときの確認用

質問の趣旨からは外れますが、重要なことなので補足します。

よく、「イヤーノートにはこのように書いてあるんですけどなぜですか?」という質問を受けます。何度か説明していますが、イヤーノートは教科書ではありません。事実が羅列してあるだけで機序や病態生理はあまり書いていません。機序や病態生理を知らない人が利用するものではありません。イヤーノートではなく病態が書いてある本で勉強するようにしましょう。

念のため言っておきますが、イヤーノートが悪い本と言っているのではありません。きちんと勉強した人が、忘れた時に読むの分には、コンパクトにまとまっているので便利だと思います。以下の記事も参考になります。

yearnote

year note(イヤーノート)は買うべきか?

2013/09/22