心静止の心電図

最終確認日:2017/07/29 最終更新日:2017/07/29

コウメイ:今回は心静止について説明していきます。いつも通りまずは病態からです。

心静止の病態

心静止の病態

コウメイ:正常なら洞結節から心房を収縮させる命令が出ますが、この命令が全く出ないのが心静止です。当然ですが、心房にも心室にも命令は行きません。そのため、心房も心室も全く収縮しません。

 

心静止の心電図

コウメイ:心房も心室も収縮しないので、心電図ではP波もQRS波も見られず、ずっと平らなままです。

心静止の心電図

以上が心静止の病態と心電図です。

今回は病態が簡単だったので心電図の説明は終わりなのですが、ここで終わるのは短すぎるので、心静止心停止との違いについて考えてみたいと思います。この2つの違い分かりますか?

 

心静止と心停止

学生C:どちらも心臓が動いていない状態じゃないんですか?

 

コウメイ:そのように思われがちですが違います。

心静止は命令が出ていない状態であり、診断は心電図で行います。一方、心停止は脈が触れない状態のことで、診断は触診で行います。

脈が触れなくなる原因は、

  • 心室細動
  • 心室頻拍
  • 心静止
  • PEA

の4つです。

 

学生C:確かに心室細動と心室頻拍は心臓が動いていますが、脈は触れないですよね。心静止と心停止の違いがよく分かりました。ところで、心停止の原因の1つのPEAって何ですか?

 

コウメイ:気になりますよね。という訳で、次回はPEAについて解説していきます。
PEAの心電図