心房細動の心電図

最終確認日:2017/07/29 最終更新日:2017/07/29

コウメイ:今回は心房細動について説明していきます。いつも通り、病態から見ていきましょう。

心房細動の病態

コウメイ:正常なら心臓を収縮させる命令は洞結節から出ますが、心房細動は心房の至るところから出ています。

心房細動の病態 

至る所から命令がでるので、ペースは早く、不規則なものとなっています。その結果、心房は速いペースで収縮しています。収縮というよりは、細かく震えていると言った方が、近いかもしれません。

 

学生C:心房から出た命令はどうなるのですか?

 

コウメイ:正常な命令と同じで、まずは房室結節に行き、
ヒス束⇒右脚・左脚⇒プルキンエ線維⇒心室
へと伝わります。ただし、正常とは異なる点が2つあります。

 

房室結節は全ての命令を伝えるわけではない

心房細動は心房の至るところから命令が出ますので、全てを合計すると1分間に300回以上になります。この命令が房室結節に行くのですが、房室結節は処理能力が遅いので、命令全てをヒス束に伝えるわけではありません。

心房の命令2個中1個とか、3個中1個をヒス束に伝えます。ヒス束に伝わった命令は全て右脚・左脚以降に伝わります。

 

 

命令のペースは不規則

心房から出ている命令は不規則なので、当然心室に伝わった命令も不規則です。その結果、心室は不規則に収縮し、脈は不整となります。

 

心房細動の心電図所見

コウメイ:以上の病態からどのような心電図になるか考えてみましょう。

心房は細かく震えているだけなので、正常なP波は見られません。その変わり、f波と言う小さな波が見られることがあります。

また、先程説明したように、心室は不規則に収縮しているので、QRS波は不規則に見られます。RR間隔が不規則と言うこともできます。

心房細動の心電図

 

心室への命令は「刺激伝導系」という命令専用の経路を通ってくるので、QRS幅は狭くなります。

※QRS幅の狭い、広いが分からない方はこちらをご覧ください。

心室頻拍の心電図

 

学生C:なるほど〜。今までは

  • f波
  • RR間隔が不規則
  • QRS幅が狭い

とだけ覚えていましたが、病態からきちんと考えると分かりやすいし、忘れなそうですね。

 

コウメイ:その通りです。仮に忘れたとしても自分で導き出すことができます。病態から心電図を考えることはメリットが大きいので、今後も病態をメインに心電図を勉強していきましょう。

次回は心房粗動について説明します。

心房粗動の心電図