意識障害のときに上部内視鏡検査と上部消化管造影はしてよいのか?【102E69】

コウメイ:読者の方から「上部内視鏡」について質問をいただきました。まずは質問の元になった問題を見てみましょう。

医師国家試験102E69

76歳の男性。意識障害のため搬入された。
現病歴:1週前から食事摂取が不十分となり、隣人が心配して時々様子を見回っていた。本日、自宅で失禁状態で倒れているところを発見された。
既往歴:特記すべきことはない。
生活歴:3年前に妻に先立たれ、一人暮らし。食事摂取は不規則で、麺類のみの食事のことが多い。日本酒3~5合を毎晩飲んでいる。
現 症:意識は昏睡。体温34.4℃。呼吸数16/分。脈拍112/分、整。血圧104/60mmHg。皮膚は乾燥しており、前胸部にくも状血管腫を認める。顔面と下腿とに浮腫を認める。瞳孔は正円同大で対光反射は遅延している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を5cm触知する。
検査所見:血液所見:赤血球314万、Hb 10.2g/dL、白血球6,700、血小板9万。血液生化学所見:随時血糖102mg/dL、HbA1c 5.2%(基準4.3~5.8)、総蛋白5.4g/dL、アルブミン2.2g/dL、尿素窒素26.0mg/dL、クレアチニン1.0mg/dL、総ビリルビン2.0mg/dL、直接ビリルビン1.6mg/dL、AST 162U/L、ALT 120U/L、Na 136mEq/L、K 3.5mEq/L。胸部エックス線写真で心胸郭比60%。

画像検査で重要なのはどれか。2つ選べ

a 心エコー検査
b 頭部単純MRI
c 腹部血管造影
d 上部消化管造影
e 脳血流シンチグラフィ

続いて質問です。

読者からの質問

解説書に「意識障害例に消化管の内視鏡検査、上部消化管造影は禁忌」と書いてありましたがその理由がわかりません。内視鏡検査が禁忌なのは誤嚥の恐れのためでしょうか?

目次

1)意識障害時に上部内視鏡検査を行わない理由

意識障害があるときは基本的にやりません。質問者の考えたように誤嚥のリスクが大きいからでよいです。

2)意識障害時に上部消化管造影を行わない理由

上部消化管造影とは簡単に言うとバリウム検査です。バリウムは内服する必要があります。意識障害のある患者にはできません。禁忌というよりはできません。

以上で回答は終わりです。

目次
閉じる