問題を解く前にレビューブックは読むべきか?

コウメイ(@kokusigokaku):読者の方から質問をいただきましたので回答します。

読者からの質問

今は以下のように勉強しているのですが、これで良いか教えてください。

  1. ネット講座をみる
  2. 問題を解く前にレビューブックを読む。
  3. 問題を解く
  4. レビューブックに載っていない病気はイヤーノートもしくはで病気がみえるで調べる

 

勉強の仕方に絶対はありませんが、私は以下の順で勉強することをお勧めしまs.

ネット講座をみる

まずネット講座をみるのは問題ないです。稀にネット講座を利用していない学生がいるのですが、どこの予備校でもよいので利用することを強くお勧めします。

問題を解き分からない問題があれば教科書で調べる

ネット講座を見たらすぐに問題を解きましょう。ネット講座の解説は全てを網羅しているわけではないので、当然解けない問題が出てきます。しかし、それでいいのです。

「◯◯について分からないから調べよう」と思いながら教科書を読むと頭に残りやすいです。そうではなく、「とりあえず教科書を読んでから問題を解こう」ではあまり記憶に残りません。

なお、レビューブックは病態が詳しく書いてある本ではありません。よって、分からない問題があった場合に調べる本としては不適切です。ステップや病みえを読むようにしましょう。

問題を復習する

後日、問題は必ず復習しましょう。病態がよく理解できていない場合は再度教科書で確認します。

病態は理解したけど、単純に知識をど忘れした場合はイヤーノートやレビューブックを用いるのはありです。ただし、繰り返しになりますが、ネット講座で勉強したばかりの病気についてイヤーノートやレビューブックで確認するメリットはあまりありません。

以上が私が考える効率のよい医師国家試験の勉強法になります。

こちらの記事も参考になります。

year note(イヤーノート)は買うべきか?

2013.09.22