医師国家試験の模試の活用法

最終確認日:2017/07/23 最終更新日:2017/07/23

コウメイ:今回は模試の活用法に相談をいただいたので回答します。

読者からの質問

この前、メック春プレ模試を受け、全国偏差値38.8、必修58%でした。一喜一憂するものではないということは分かっているつもりですが、この結果から私に求められることをアドバイスください。

 

まだ間に合います

コウメイ:まず初めに言っておきます。今、成績が良くなくてもこれから頑張れば全然受かりますし、成績が良くても勉強しなくなれば落ちます。質問者さんがおっしゃっているように、一喜一憂することなく、地道に勉強していくのが大事です。

※当然ですが、今成績が良いのに越したことはありません。

 

モチベーションのup

模試を受ける理由の一つに、モチベーションを上げるというのがあります。成績が良くても悪くてもモチベーションは上がると思いますので、その瞬間に勉強にとりかかりましょう。では、具体的にどのように利用するか説明していきます。

 

どの分野の成績が悪いかの把握

まず、どの分野が悪いか把握しましょう。と言っても、各科ごとに循環器は・・、消化器は・・、呼吸器は・・、小児科は・・と一つ一つ細か〜く分析する必要はありません。

  • 一般問題より臨床問題の方が悪い
  • 必修問題が弱い
  • 産婦人科が一番悪い

この程度で大丈夫です。ざっとでいいので、今の状態を把握しましょう。そして、今後は苦手な分野に少し多めに時間を割きましょう。

 

100%解けるようにする

ざっと今の状態を確認したら、早速模試の復習です。同じ問題が出たら100%正解できるようになるのが目的です。

と言っても、解説書の1ページから順に読む必要はありません。模試中特に気になった問題、分からなかった問題から読んでみましょう。この時も1字1句全てを読もうとしなくていいです。おそらく挫折します。自分が気になった部分から読んでみましょう。

解説だけで納得できない場合はきちんと教科書を読み、自分の言葉でノートにまとめましょう。

先程、100%解けるようになるのが目的と言いましたが、解説書の全てを読めと言っているわけではありません。当然、正しい選択肢を知らないと解けないので、正しい選択肢を知るのは必須ですが、解説は気になった部分のみでOKです。無理に読みたくない解説を読んでも頭に入りません。

※無理に解説を読まない分時間が余りますが、テレビを見たり、スマホでゲームをしていては意味がありません。ネット講座を見るなど有効に利用しましょう。

このように勉強していただき、同じ問題が出たら100%解けるようにしましょう。

 

病気を理解する

もし時間に余裕があるようなら、「問題そのもの」ではなく「病気」を理解するようにしてみましょう。

例えば、急性心筋梗塞の検査を問う問題で「心電図」が正解だった場合、心電図だけを覚えるのではなく、治療や合併症についても勉強するという具合です。

ここまですれば完璧です。ただ、これは時間がかかるので、とりあえずは解説書をざっと読み、次回同じ問題が出てきたら100%解けるようにしましょう。以上が模試の活用法です。

ちなみに、今解いたら何割解けますか?

当時と変わらないという方は今すぐ解説書を読んでみましょう。