クエバン(QB)の使い方

最終確認日:2017/07/25 最終更新日:2017/07/25

コウメイ:クエバン(QB)の使い方について質問をいただいたので、回答していきます。

読者からの質問

今年の夏休みにはクエバン(QB)を解きまくろうと考えているのですが、どのような順番で解いていこうかと迷っています。具体的には、1つの科について

  1. 一般問題を全て解く→臨床問題を全て解く
  2. 臨床問題を全て解く→一般問題を全て解く
  3. 一般問題と臨床問題を疾患ごと(ないし一定の問題数ごと)に解く
  4. その他

のどれが最も効率が良いでしょうか。

 

ネット講座がお勧め

コウメイ:クエバン(QB)はやらずに、ネット講座を見まくることをお勧めします。私は6年生からネット講座(TECOM)を見始めたのですが、それからはクエバン(QB)はほとんど使っていません。ネット講座の説明が不十分な部分のみ、クエバン(QB)の回答を見てみるという具合で使っていました。

必修と公衆衛生は問題数が少なめだったのでクエバン(QB)を解きました。それ以外の科はネット講座にたっぷり過去問が載っていますので、ネット講座をやれば十分です。

 

ネット講座を受講していない場合

もしネット講座を受講していない場合は、今からでもいいので受講することをお勧めします。どうしてもクエバン(QB)で勉強する場合は「一般問題と臨床問題を一定の問題数ごと解く」のがいいかと思います。

以上で回答は終わりです。