4年生の勉強法 | なぜ不安か?

コウメイ:4年生のちびさんから勉強法について質問をいただきました。

読者からの質問

5年生の勉強の仕方というのを拝見して、正直私は今の勉強の仕方が分からずあたふたしているのだなと改めて思い、メールさせて頂きました。

CBTの説明やMECの説明などを大学で聞き、これからどうやって乗り越えていけばいいのか悩んでおります。どんどん周りから遅れていくようで怖いです。CBT対策と言っても、何をしたらいいのか漠然としていて、今の臨床の勉強に手一杯です。

やはり少しでも早くCBT対策を始めたいのですが、具体的にどうしたらよいのかアドバイス頂けたら幸いです。

 

コウメイ:はじめに言っておきます。4年生であればそれほど焦る必要はありません。まずは安心してください。では4年生はどのように勉強していけばよいのか説明していきますね。

大学の勉強法

もう4年生なので説明する必要はないかと思いますが、高校までの勉強法と大学での勉強法は違います。

高校までは教師が教えることだけを覚えればよかったのですが、(もちろん医学部に入るにはそれ以上に勉強したと思いますが)大学で必要な知識はかなり膨大なのでそれらすべてを講師が説明するといくらコマ数があっても終わりません。講義では皆さんに必要なことすべてを教えるわけではありません。

エッセンスの部分だけです。それをもとに自分で勉強していくのが大学です。ここを理解していないと今後の勉強がスムーズにいきません。大学は自分で勉強するところと頭にいれてください。

 

講義の受け方

講義を受ける上でいくつか注意点があるのでお話します。

講師は病気を教える

講師の目的は皆さんを国試に受からせることではありません。よくある病気、大事な病気、その他多くの人に知ってほしいことを説明するのが目的です

講義は医師国家試験の内容とは異なる

ですので、講義の内容は国試の内容とは一致しません。国試に出るものもあれば国試に出ないものもあります。

内容が難しすぎて、他科で働いたら一生関係ないんじゃないかというものもあります。当然多くのひとは睡眠学習に突入します。そういう内容のときはあまり深入りせず、「そういうこともあるんだ」位に思っておくのが無難です。

講義はエッセンスのみ

先程も説明しましたが、基本的に講義の内容はエッセンスのみです。それ以上は自分で勉強しなければいけません。今のうちから自分で勉強するクセをつけましょう。

講師は忙しい

講師はただ大学で講義をしているわけではありません。入院患者を受け持ち、外来や手術もしています。そのため講義が片手間になってしまうこともあります。

学生のことを100%考えての講義ではありません。なので「講義=とても分かりやすく、絶対に参加しなければならないもの」という考えは持たない方がいいです。

勉強は自分でするもの。それを補うのが講義。

この位に考えていたほうがいいかもしれません。

全て板書することがいいことではない

全国共通で大事なことは教科書にちゃんと書いてありますから、一字一句ひたすら板書するのはやめましょう。板書することが目的ではありません。内容を理解することが目的です。内容を理解するというのもだいたいでいいです。細かいところまで覚えようとすると、大事な部分がおろそかになります。

講義中は「そういう病気もあるのか」「そういう治療もあるのか」くらいで大丈夫です。その分講義が終わったらしっかり教科書を読んで知識を定着させましょう。

 

学内の試験対策はどうするか?

試験は大学によってかなり特色があると思うので先輩に聞くのが一番です。友達と過去問を集め、それをメインに勉強するのが一般的でしょうか。

 

教科書は必ず買ってください

今まで説明してきたように大学の勉強は自分でするものです。必ず教科書は買いましょう。私は今までに色々な本、論文を
読みましたがやはり多くの学生にとっておススメの教科書はSTEP内科学です。いきなりハリソンとかセシルはやめといたほうがいいです。

 

CBT対策

おそらくこれが一番気になっているところではないでしょうか。なぜ焦るか?おそらくは全体像をイメージできないからだと思います。

ではどうすればいいか?過去問を見ましょう。もしまだ過去問を持っていないようでしたら、とりあえず1冊でいいので買ってみましょう。そしてぱらぱらでいいので実際の問題を見てください。

よく分からない問題がでてくると思いますが、それほどは気にしなくて大丈夫です。「こういうのをやるんだぁ」位で大丈夫です。まずは全てを理解する必要はありません。とりあえず全体像をつかむことが大切です。もし気になる問題があればその都度教科書で確認してみてください。

 

OSCE対策

これはまだ全然気にしなくて大丈夫です。おそらく大学で対策すると思いますので皆とあわせれば大丈夫です。

 

医師国家試験

今まで国試の過去問は早ければ早い方がいいと言ってきましたが、4年生はまだとりかからなくて大丈夫です。大学の講義、CBTに集中してもらって構いません。

※もちろん興味があったり、余裕があるひとは見てみてください。

 

ネット講座(TECOM、MEC)

周りのひとがやるならそれに合わせたほうが無難です。ただ、別にやらなくても全然大丈夫です。臨床の勉強で手一杯なら無理にやらないほうがいいのかもしれません。ちなみに私はネット講座(TECOM)を6年から始めました。同期も6年から始める人が多かったです。

※TECOMかMECかはどっちでもいいと思います。

長くなったのでまとめます。

勉強のポイント
  • 勉強は自分でするものです。
  • 講義は必ず受けるものではなく、うまく利用するものです。
  • 教科書をきちんと読む習慣をつけましょう。
  • CBTの過去問を見てみましょう。(完璧に勉強する必要はありません)
  • 国試の勉強はまだ気にしなくて大丈夫です。
  • ネット講座はまだ始めなくて大丈夫です。

 

以上で終わりですが、ちびさんいかがでしたか?少しは不安がとれましたか。今後もいろいろ気になるところがでてくると思いますが、また何かあればメールください。

こちらも参考になりますのでぜひご覧ください。

勉強は順序が大切。