5年生の勉強の仕方 | ポリクリ、ネット講座、QB

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:読者の方から「5年生はどの程度勉強すればよいですか?」との質問をいただきましたので回答します。まずは質問を見てみましょう。

読者からの質問

現在ポリクリで回っている科をネット講座で勉強しています。コウメイ先生は以前から「過去問はできるだけ早く解いた方がよい」とおっしゃっていますが、それは5年にも当てはまるのでしょうか?

私の今後の予定ですが、5年の間はポリクリでしっかり検査等を見学し、合間にネット講座で勉強し、6年になったら過去問に取り組もうと考えています。このような考えでよろしいでしょうか?

 

ポリクリの合間にネット講座

基本的にこの流れでいいと思います。ただ、ここに直近の過去問を解くことを入れた方がいいです。皆さんの勉強の目的は何でしょうか?

 

学生B:患者さんを治すことです!!

 

コウメイ:最終的にはそうなんですが、皆さんの直近の目的は国試に受かることです。国試に受からないといくら知識があっても医療ができません。大事なのでもう一度言いますね。

QBの解説やネット講座を見るのが目的ではありません。国試の問題が解けるようになることが大切なのです。それなのになぜか過去問は後回しにして、QBやネット講座のテキストだけを勉強するひとがいます。ぜひ過去問をとりいれてください。

 

完璧に理解しなくていい。

「そんなこと言われても過去問は難しそうです。」こんな意見がありそうですね。

それでいいんです。別に過去問を完璧に理解する必要はありません。だいたいどんな問題があるかざっと見るだけでいいです。

  • こんな問題があるのかぁ
  • 意外と分かる問題もあるなぁ
  • 今と昔では大分問題が違うなぁ
  • ショックの問題はよくでるなぁ
  • 最近は産婦人科がよくでるなぁ

など何かしら思うところがあるはずです。その上でネット講座で勉強してみてください。今までより意欲的かつ効率的に勉強できるはずです。

 

ネット講座でなくQBで勉強する場合

私の大学は5年の頃はネット講座をとっていなかったのでQBで勉強していました。ポリクリで回っている科のQBを空いた時間や家に帰ってから解いていました。以下QBを使う上での注意点です。

全ての問題を解こうとしない。

QBはかなり古い問題も掲載されているため無駄にボリュームがあります。1ページから順に全て解こうとすると終わりません。直近の問題やよく出る問題から勉強するようにしましょう。

解説は参考程度

QBに限らず問題集の解説は絶対に正しいわけではありません。気になる個所があれば自分で教科書で確認しましょう。

直近の過去問は別に見る。

先程と同様の理由で直近の過去問は別にみた方がいいです。もちろんですが、ネット講座で勉強するにせよ、QBで勉強するにせよ教科書は必須です。ケチらずに買いましょう。

 

座学より実習が優れているわけではない

1分、1秒でも長く実習をすることがいいことだと思っているひともいるかと思いますがそれは違います。

  • 目的がない見学
  • 何をしているか分からない手術
  • 意味が分からないカルテをただ読む

こんなの1分、1秒でも長くしているのは意味ないです。早く帰って部活したり、寝たりしたほうがまだましです。ではどうしたらいいか?

過去問を見ましょう。そして、自分は何を見たいか考えてみましょう。例えば、このような感じです。
文字だけでなく本物を。 | 第105回医師国家試験E-49(こちらを見てから続きをご覧ください)

  • アリナミンF
  • ソルアセトF
  • 点滴は1分間に何滴落ちているか?

実際に見てみたいと思いませんか?この問題を見てからだと今までより意欲的に見学することができます。

このような目的があれば良いのですが、目的無しにただ長い間実習をしても意味がありません。実習と座学をバランスよく行うのが大切です。

長くなったのでまとめます。結局5年生がやるべき勉強はポリクリの合間にネット講座+過去問です。とりあえず1年分でいいので実際の問題はどのようなものか見てみてください。

※繰り返しますが完璧に理解する必要はなく、とりあえず見てみることが大切です。

ただ見学するのではなく、目的をもった見学をすることが大切です。まだ、5年生なのでそれほど焦る必要はありません。私の意見を参考に自分なりにいろいろタメしてみてください。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)