網膜中心動脈閉塞症で中心暗点になる理由 | cherry red spotとは

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:読者のから網膜中心動脈閉塞症について質問をいただきましたので回答します。まずは質問を見てみましょう。

読者からの質問

問題集の解説で網膜中心動脈閉塞症は、黄斑部にだけ血液供給があるのでcherry-red spotが見られるとありました。しかし、暗点を来すとも書いてあります。

黄斑部だけ血液供給があるのなら中心暗点ではなくむしろ、輪状暗点になるのではないかと思いました。何故、輪状暗点ではなく中心暗点を来すのでしょうか?

 

コウメイ:なかなか鋭い質問です、よく勉強しています。ただ少し勘違いしているところというか、専門的な内容のところがありますので解説していきますね。 

※cherry red spotが良く分からないかたはまずこちらをご覧ください。知らないのに飛ばすとこの先分からなくなりますよ。
網膜動脈閉塞症vs網膜静脈閉塞症 | 出血するのはどっち?

 

cherry red spotは何の色?

まず確認ですが、cherry red spotとは脈絡膜の血流の色です。黄斑(網膜)ではなくその外側の脈絡膜の血管です。黄斑はとても薄いのでそれが透けて見えるのです。そもそも黄斑に血管がありません

 

学生B:では、黄斑の細胞はどうやって栄養を得ているのですか?

 

コウメイ:黄斑は網膜と脈絡膜の毛細血管の両方からの浸潤拡散で栄養されています。

 

網膜中心動脈閉塞症でなぜ中心暗点?

網膜中心動脈閉塞症では脈絡膜の毛細血管からの浸潤拡散はありますが、網膜の毛細血管からの浸潤拡散がなくなるので黄斑の機能は落ちます。

黄斑はもともと機能が高いので少しでも機能が落ちるとすぐに気がつきます。周りはもともとそれほど見えていないので機能が落ちても自覚症状は少ないです。ですので、本当は全体の機能が落ちているのですが、特に中心部が見えずらく中心暗点になります。

今回の講義は終わりです。お疲れ様でした(^_^)