拡張型心筋症と虚血性心筋症との見分け方

最終確認日:2017/07/25 最終更新日:2017/07/25

コウメイ:拡張型心筋症について読者から質問をいただきました。

読者からの質問

第107回医師国家試験I-7について質問です。

第107回医師国家試験I24

正解:a

質問者:aの冠動脈造影が正しいのは分かりますが、bの心エコー検査でもいいと思います。なぜaのみ正解となるのでしょうか?

 

心エコーで見分けがつく?

学生C:僕も心エコーは正解だと思います。国試では基本的にエコーは正解になります!!

 

コウメイ:ちょっと理由が微妙ですがまぁいいでしょう。では、心エコーでどのように見えますか?

 

学生C:拡張型心筋症は心室の拡大が見られます。虚血性心筋症は・・よく分かりませんがとにかくやってみれば分かると思います。

 

コウメイ:なるほど、ではこれはどっちの病気ですか?

虚血性心筋症

 

学生C:心室が拡張しているので拡張型心筋症です。楽勝です!!

 

コウメイ:ハズレです。これは虚血性心筋症です。

 

学生C:そうなんですか?でも、心室が拡張していますよね?

 

虚血性心筋症でも左室は拡張

コウメイ:はい。拡張した心室が見られます。虚血に陥ると壁が弱くなり、圧がかかると外に押しやられ拡張します。その結果、拡張型心筋症のようになり、心エコーでの区別は難しくなります。

拡張型心筋症と虚血性心筋症とを区別したいときは、冠動脈検査の方がより良い検査となります。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)