画像問題の正しい解き方

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:読者の方から「画像問題が苦手です。どのように対策すればよいですか?」との質問をいただいたので回答します。

 

病変を発見する・・✕ 病変の有無を確認・・◯

画像問題を考える上で2つ大事なポイントがあります。画像問題は見たことがないと解けません。どんどん問題演習をし、見たことがある画像を増やしてください。ところで、ウォーリーを探せって知っていますか?

ウォーリーを探せ

 

こいつがどこにいるか探す遊びです。

ウォーリー

 

分かりました?ブログに掲載する都合で小さめの画像にしたので分かりやすかったかもしれませんが、それでもそこそこ時間がかかったのではないでしょうか?

皆さんは画像問題を見るときこのようなことをしてはいけません。画像をよ〜〜〜く見て、「どこだ?どこが異常なんだ?」と異常を探しにいくのではありません。 

そうではなく、所見の有無を確かめるだけです。つまりここにウォーリーがいるかいないかだけを確認するのです。

ウォーリーを探せ、正解

 

3秒あればできますよね。皆さんはこれをやるのです。具体的に何を確かめるかというと

  • 心エコーで逆流があるかないか
  • 心嚢腔に液体貯留があるかないか
  • 疣贅はあるかないか
  • 収縮期と拡張期で大きさが同じか違うか

などです。

確かめるということは画像を見る前にこのような所見があるはずだという考えがないといけません。それを病歴や他の検査値から考えるのです。

 

実際の問題で練習しよう

それでは実際の問題を解きながら考えて行きましょう。まずは問題を見てみます。

第101回医師国家試験G21より改変

54歳の女性。2週間前からの動悸を主訴に来院した。半年前から労作時の息切れを自覚している。

意識は清明。身長162cm、体重50kg.脈拍108/分,不整.血圧102/72mmHg.

心尖部でⅠ音の亢進と拡張期雑音とを聴取する。右肋骨弓下に肝を2cm触知する。下腿に浮腫を認めない。

心房細動の心電図(101g21)

僧帽弁狭窄症のエコー、Mモード(101g21)   

僧帽弁狭窄症のエコー、Bモード(101g21)

問題:病名は何か?

 

まずはダメな解き方です。

ダメな解き方

心電図は心房細動か。エコーは左心房が大きいような・・。2番目のエコーは何だ?よく分からないなぁ。

 

コウメイ:このように解いているひといませんか?典型的なダメな解き方です。次に良い解き方を見てみましょう。

良い解き方

脈は不整か。じゃ、心房細動だな。心電図で確認するか。

心房細動の心電図(101g21)

 

やっぱり心房細動だ。心房細動の原因は

  • 僧帽弁狭窄症
  • 心房中隔欠欠損症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 拡張型心筋症

があるけどこの患者は心尖部でⅠ音の亢進と拡張期雑音とを聴取するから僧帽狭窄症だろう。

僧帽弁狭窄症ならエコーで

  • 僧帽弁の狭小化
  • 左房の拡大
  • DDRの低下

が見られるはずだ。確認してみよう。

僧帽弁狭窄症のエコー、Mモード(101g21) 僧帽弁狭窄症のエコー、Bモード(101g21)

全ての所見が見られるぞ。やっぱり僧帽弁狭窄症で間違いないな

 

以上が良い問題の解き方です。画像から病気を考えるのではなく、病歴から病気を考えその確認のために画像を見るのです。今回はエコーでしたが、画像問題全てこのように解きましょう。

最後にもう一度言います。解けないのは見たことがないからです。いっぱい問題を解いて見たことのある問題を増やしましょう。そして、病歴から病気を考えられるように、画像以外の知識もつけましょう。今回の講義は終わりです。お疲れ様でした(^_^)