コウメイ:読者の方から「敗血症性ショック」について質問を

いただきましたので回答します。まずは質問を見てみましょう。

 

 

*******************************************************************

【102E29】

血圧は低下し,皮膚は温かく紅潮している。

心拍出量は増加し,末梢血管抵抗は低下している。

この病態に当てはまるのはどれか。

  1. 出血性ショック
  2. 心原性ショック
  3. 敗血症性ショック
  4. 神経原性ショック
  5. アナフィラキシーショック

正解:c

 

質問者: a、bが明らかに違うのはわかりますが、eも正解のような

気がします。どちらも末梢血管が拡張して暖かくなり、代償で

心拍出量が増えそうな気がします。

 

また、dの神経原性ショックもよく分かりません。脊損などで交感神経系の

急激な低下によりおこるというのが理解出来ません。脊損なら交感神経も

副交感神経も両方障害されそうです。

**************************************************************************

 

 

血圧=心拍出量×末梢血管抵抗

コウメイ:まずは基本的な事実の確認です。

 

血圧=心拍出量×末梢血管抵抗

 

この式はどこかでみたことがあると思います。

敗血症もアナフィラキシーもどちらも末梢血管抵抗は下がります。

そのままだと血圧が低下してしまい、末梢に血液を送ることができません。

ではどうすればよいか?

 

心拍出量を上げればよいですね。

というわけで、敗血症もアナフィラキシーもどちらも心拍出量があがります・・・

と言いたいのですが、アナフィラキシーでは上がらないようですね。

それはなぜか?

 

 

心拍出量∝前負荷、後負荷、心収縮力、心拍数

心拍出量は前負荷後負荷心収縮力心拍数

によって規定されます。

 

前負荷は簡単に言うと循環血液量のことで、後負荷は簡単に言うと

末梢血管抵抗のことです。

 

以上を踏まえたうえで、敗血症とアナフィラキシーで心拍出量が

どうなるか考えてみましょう。

 

【敗血症】

前負荷と後負荷は下がります。代償として心拍数は上がりそうです。

心収縮力は変わらないとしておきましょう。

 

【アナフィラキシー】

前負荷と後負荷は下がります。代償として心拍数は上がりそうです。

心収縮力は変わらないとしておきましょう。

 

 

時間が違う

学生D:どちらも同じじゃないですか。

で、結局心拍出量はどうなるのですか?

 

 

コウメイ:一見するとどちらも同じのように見えますが、

実は違うポイントがあります。それは時間です。

 

敗血症は比較的ゆっくり進行します。

アナフィラキシーは一瞬で起こります。

その結果どうなるか?

 

【敗血症】

前負荷と後負荷は徐々に下がります。ですので心拍数を上げることにより

その分を補うことができます。全体としては心拍出量は上がります。

 

【アナフィラキシー】

前負荷と後負荷は一気に下がります。ですので心拍数を上げても

その分を補うことができません。全体としては心拍出量は下がります。

 

以上が敗血症では心拍出量が上がり、アナフィラキシーでは

心拍出量が下がる理由です。

 

 

神経原性ショック | 脊損で傷害されるのは?

次に神経原性ショックについて考えてみましょう。

心臓に分布する交感神経と副交感神経の走行を確認してみてください。

※心臓に分布する副交感神経は迷走神経です。

 

◎交感神経

視床下部⇒脊髄⇒脊髄管⇒心臓

 

◎副交感神経

視床下部⇒延髄⇒心臓

 

※簡単にまとめましたが、アトラスで自分で確認してください。

こういう小さい確認の積み重ねが今後の伸びに大きく影響します。

 

上記から分かるように心臓に分布する副交感神経は脊髄を通りません。

ですので、脊髄が傷害されても副交感神経は傷害されません。

その結果、副交感神経優位になりショックになってしまうのです。

 

今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)

敗血症性ショックで心拍出量は上がるのか?

4 thoughts on “敗血症性ショックで心拍出量は上がるのか?

  • 2016/02/29 at 21:35
    Permalink

    敗血症性ショックは血管透過性が亢進しますので、結構血管外に漏れますよ。

    Reply
    • コウメイ
      2016/03/03 at 20:56
      Permalink

      くま様

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りですね。記事を修正します。
      また気になる点がございましたらご指摘お願いいたします。

      コウメイ

      Reply
  • 2013/07/18 at 19:12
    Permalink

    わかりやすい説明、ありがとうございます。
    また質問なのですが、先端巨大症で骨代謝が上がり、高P血症になるのはわかるのですが、なぜCaは上がらないのでしょうか。
    お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしければお答えをお願いします。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です