サイアザイド系利尿薬は尿酸結石のリスクになるのか? 〜高尿酸血症と高尿酸尿症〜【93A60】

コウメイ(@kokusigokaku):尿路結石について質問をいただいたので回答します。まずは質問の元になった問題を見てみましょう。

第93回医師国家試験A60

尿路結石形成の誘因となるのはどれか。
(1) アセタゾラミド (2) サイアザイド系利尿薬 (3) インスリン (4) シクロスポリン (5) 副腎皮質ステロイド

a (1), (2) b (1), (5) c (2), (3) d (3), (4) e (4), (5)

答え(クリック)

b

 

読者からの質問

解答はアセタゾラミドとステロイドとなっています。このふたつが尿路結石症の原因となるということについて疑問の余地はありませんが、サイアザイド系利尿薬も高尿酸血症の誘因になるので、 尿酸結石症を引き起こしそうな気がします。サイアザイド系利尿薬は正解にならないのでしょうか?

 

サイアザイド系利尿薬は尿中ではなく血液中の尿酸値を増やす

サイアザイド系利尿薬の副作用というか作用に高尿酸血症があります。尿症ではなく血症であり血液中の尿酸値が上昇します。
※サイアザイド系利尿薬は腎から排泄されますが、尿酸と同じ経路を利用するのが原因と考えられています。

とくに尿中の尿酸値が上昇するわけではないので尿酸結石のリスクになる可能性は低いです。より詳しくはリンク先をご覧ください。
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0052/G0000210/0013

なお、サイアザイド系利尿薬は尿中カルシウム排泄量を減少させカルシウム結石を減らす作用があり、尿酸結石の治療として使われることがあります。
https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0022/G0000634/0067

よって、少なくとも本問題の正解にはなりません。以上で解説は終わりです。

【追記】サイアザイド系利尿薬で高尿酸尿症になるのか?

上記の回答について、「STEP泌尿器科や病みえ(腎)にサイアザイド系利尿薬で高尿酸尿症になると書いてあります」とのコメントをいただきました。

STEP泌尿器科を見てみると、「薬剤ではサイアザイド、サリチル酸誘導体、副腎皮質ステロイドの投与で高尿酸血症, 高尿酸尿症を起こることもあります」との記載がありました。

ただし、他に検索してみましたがサイアザイドが高尿酸尿症を起こすとの文献を見るけつことはできませんでした。
※病みえ(腎)は持っていないので確認していません。

もしかするとSTEPや病みえの記載が間違っている可能性があります。仮に正しかったとして、STEP泌尿器科は「起こすこともあります」との記載なので、起こすとしても頻度は低めなのでしょう。

よって、アセタゾラミドやステロイドより優先する選択肢にはなりません。

やや気になるところではありますが、おそらくこれ以上調べても時間がかかるだけで有用な情報を得ることはできないでしょう。深入りはせずに他の勉強をするのが賢明です。こちらも役に立ちます。

病態生理が分からない場合どこまで調べるべきか?

2018.09.20