医師国家試験前日の過ごし方【復習、予想問題、食事、睡眠】

コウメイ(@kokusigokaku):いよいよ明日(2019年2月9日)から第113回医師国家試験が始まります。悔いのないようにするための前日の過ごし方について私なりの考えを書いていきます。

ギリギリまで復習する

受験会場の都合で前日にはホテルに宿泊する方も多いかと思います。ホテルに着くと何となくリラックスしてしまいがちですが、旅行でホテルに泊まっているわけではないのでリラックスしたままではいけません。可能な範囲で勉強を継続することをお勧めします。

何を勉強するかですが、今までに勉強した内容が良いです。いくら毎日勉強しているとは言え、必ず忘れているものがあります。しかし、今の皆さんでしたらものすごい早いペースで復習を行うことができます。

人によっては100個位忘れていた内容を覚えることができるかもしれません。そのうち5%でも問題に出ればかなり合否に影響するでしょう。

一方、新しい問題を解くことはお勧めしません。時間がかかるわりに得られるものは多くありません。

予想問題について

国試直前には予想問題が出回ることがあります。ちらっと見て良さげなら見てもいいし、イマイチだったら見なくてもいいです。

おそらく予想問題から数個は本番でも出題されるでしょう。でも、あなたが持参したテキストやノートからも必ず数個は出題されます。つまり、何でもいいので勉強すれば本番で出題されますので、何かしら勉強するのがいいです。効率を考えると、先程も述べたように自分が勉強したテキストやノートがお勧めです。

食事について

おそらくいないとは思いますが生物を食べるのは止めましょう。

また、ホテルの外に食べに行くのもお勧めしません。外に食べに行くと2時間位時間を取られてしまいます。コンビニで購入しちゃちゃっと食べて、できるだけ勉強に時間を当てるのがよいです。

睡眠について

先程、「できるだけ勉強しましょう」と言いましたが、23時か遅くても24時には寝るようにしましょう。緊張で眠れないかもしれませんが、目をつぶっているだけでもある程度疲れはとれますので、ベッドで休みましょう。

以上が国試前日に気をつけることです。少しでも参考になれば幸いです。明日(2019年2月8日)は国試当日に気をつけることを書きたいと思います。17時にupしますのでご確認ください。

医師国家試験本番で気をつけること【受験番号の確認、初日は難しい、他人は気にしない、答え合わせなど】

2019.02.08