学内試験の勉強法

最終確認日:2017/07/29 最終更新日:2017/07/29

コウメイ:学内試験について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。

読者からの質問

初めまして。某私立大学医学部に通っているHと申します。質問があります。消化器の定期試験に落ちてしまって、再試験にかかってしまいました。本試験は記述問題なのですが、再試験はほとんど記述で、9割くらい不合格になるそうです。

記述試験の形式に慣れておらず、また再試験の過去問も出回っていないのでどう勉強すればいいかわかりません。医師国家試験の問題を消化器だけといて、イヤーノート全部覚えるとかがいいんですかね?わかりにくい質問ですみません。

 

なかなか難しい問題ですね。学内の実状がよく分からないのでベストな回答はできないかもしれませんが、私ならこうするというのを書いていきます。

 

過去問についての情報を集める

どの試験でもそうですが、一番効率よく勉強できるのは過去問です。過去問が手に入る環境ならぜひ過去問を解きましょう。と言っても、過去問が手に入らないようですね。問題ごと回収されるのでしょうか。

そんなときは、問題そのものは手にはいらないかもしれませんが、過去問の復刻版などはあるかもしれません。友達や先輩に聞いてみてぜひ手にいれるべきです。

それがなければ、どんな問題が出たか先輩に聞きましょう。しつこいようですが、過去問は大事です。問題そのものを手にいれることは難しいかもしれませんが、少しでも情報を手に入れましょう。情報が手に入ったらそれを元に勉強しましょう。

 

問題集と教科書の繰り返し

過去問での勉強が終わったか、過去問の情報が一切手に入らない場合は、地道に勉強するしかです。地道に勉強すると言っても一から教科書を読むのは効率が悪いです。国試の過去問を活用しましょう。

過去問を解いて分からないところの教科書を読む。→過去問を解いて分からないところの教科書を読む。→過去問を解いて分からないところの教科書を読む。→過去問を解いて分からないところの教科書を読む。これを繰り返すしかないです。

 

イヤーノートはお勧めしません。

本ブログで何度も言っていますが、イヤーノートはお勧めしません。あれは、事実が箇条書きに書いてある本なので病気を勉強する本ではありません

教科書をきちんと読んだことのある人が、ど忘れした時に確認する本です。私は一応持ってはいましたが、ほとんど使っていませんでした。

 

まとめ

やることをまとめると、

1.過去問を探す

過去問は無いと諦めるのではなく、できるだけ探す努力をしましょう。

2.国試などの問題集と教科書で勉強する

教科書だけ読んでも絶対に頭に入りません。必ず問題集を活用しましょう。イヤーノートはお勧めしません。

 

以上が私のお勧めする勉強法です。普通と言えば普通ですが、結構大事なポイントですので参考にしてみてください。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)