PPPの別名は?【第105回医師国家試験A-14】

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:最近の国試は別名で聞いてくることが多いです。例えばこのような問題です。

第105回医師国家試験A14

多発性内分泌腫瘍(MEN)1型にみられるのはどれか。2つ選べ。

  1. 先端巨大症
  2. 褐色細胞腫
  3. 甲状腺髄様癌
  4. 副甲状腺機能低下症
  5. Zollinger-Ellison症候群

 

学生I:MEN1型はPPPだから・・。Pって何の略でしたっけ?

 

コウメイ:まず、正解は先端巨大症Zollinger-Ellison症候群です。PPPと英語で覚えるより日本語で覚えたほうがいいです。

  • 膵臓
  • 下垂体
  • 副甲状腺

です。しかし、上のように覚えても選択肢がないことが多いです。つまり

  • 膵臓⇒Zollinger-Ellison症候群
  • 下垂体⇒先端巨大症

のような感じです。このように、きちんと理解しているかを聞いてきます。

ちなみに副甲状腺は機能低下でなく機能亢進です。別名はそれ程は多くないので問題にでてきたら覚えていくのがいいと思います。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)