MAC直前講座の効果的な利用法【予想講座3を追記】

国試直前講座(MAC)

コウメイ:1月31日よりMAC直前講座がスタートしましたので、効果的な利用法について説明したいと思います。

 

回数別と併せて

この時期は直近の過去問を復習することが非常に大切です。必ず第108回、107回、106回を再度見直しましょう。絶対に回数別の問題集を利用するようにしてください。

※臓器別の問題集から108回、107回、106回をピックアップして見るのではありません。

 

回数別をやりながら直前講座も見ましょう。回数別と直前講座を併せることで、より記憶に残るものになります。

 

全体を通して

直前講座の目的ですが、それは「忘れていたもの」や「ちょっとした抜け」を確認することです。今から新しいことを覚えようというものではありません。ですので、テキストには色々細かいことが書いてありますが、それらを全て完璧に覚えるのではありません。その中から

  • あ〜、そう言えばそうだった。
  • 忘れてた〜。
  • これよく見たことあるけど、しっかり覚えていなかったなぁ。

という部分を重点的に見るようにしてください。

そして、その部分を必ずペンで囲んだり、線を引いたりしてください。真っ白なままはダメです。その後、ペンで囲んだり、線を引いたりした部分は覚えるまで何度も何度も見てください。覚えないと意味がありません。以上を参考に利用してみてください。