不妊の検査は?

最終確認日:2017/07/28 最終更新日:2017/07/28

コウメイ:今回は研修医2年目のYO先生に勉強を教えていただきます。よろしくお願いします。

 

YO:よろしくお願いします。今回は産科です。産科を苦手とする方は多いと思いますが原則にそって考えれば必ずわかります。一緒に勉強しましょう。まずはこの問題です。

第108回医師国家試験D29

32歳女性。未経妊。挙児希望を主訴に来院した。29歳時に結婚し避妊はしていない。不正性器出血はない。初経12歳。月経周期40-90日、不整。身長160cm、体重70kg。内診にて子宮は正常大で付属器を触知しない。

卵巣の経腟超音波像を別に示す。この患者の不妊症の検査として有用性が低いものはどれか。

第108回医師国家試験D-29(PCO)
  1. 夫の精液検査
  2. 基礎体温の測定
  3. プロゲステロン試験
  4. 血中LH,FSHの測定
  5. 血中テストステロンの測定

 

YO:この問題のポイントは月経がきちんとあるかどうかということです。診断過程を追ってみましょう。今回の症例は稀発月経であるということと、エコーでぽこぽことした黒いマルがたくさん存在している(多嚢胞性変化)のが特徴です。

多嚢胞性卵巣症候群

排卵障害をきたしていて、画像から多嚢胞性変化をきたしているので多嚢胞性卵胞症候群(PCOS)疑いといえます。確定診断するために高LHあるいは高アンドロゲン(テストステロン含む)を確認することが必要です。

 

不妊の原因

不妊の原因にはPCOS以外もあるのでそれらの原因の検索も必要です。不妊の50%が夫が原因ということもあり、夫の精子における抗体が原因となっていないか調べるために夫の精液検査を行います。

黄体機能が悪くても不妊の原因になります。黄体がきちんと作用すれば体温は2相性になりますが、作用していないと2相性になりません。それをを確認するために基礎体温の測定は必須です。

 

プロゲステロン試験とは?

ところで、プロゲステロン試験ってなんでしょう?これはプロゲステロン負荷試験、あるいはゲスターゲン試験とも呼ばれ無月経の患者さんに対してプロゲステロンというホルモンを投与しして消退出血(生理出血みたいなもの)の有無を見る試験です。

内因性エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌の有無が分かり、無月経の重症度を判断します。

 

プロゲステロン試験の適応は?

でも、この人は無月経ではないですよね?月経周期は長いけれども月経はあります。前述したようにプロゲステロン試験は無月経の方に行う検査です。月経がある方にプロゲステロン試験を行う意味はありません。以上よりcが答えになります。

なんとなく「不妊症だしプロゲステロン試験よさげではないだろうか」と考えてはいけません。問題文は「止まりながら」そして用語は「正確に」読み進めていきましょう。以上で解説は終わりです。

 

コウメイ:なるほど、PCOSや不妊の検査についてよく分かりました。今後も色々教えて下さい。ありがとうございました。