不正解の選択肢をスルーしてはいけません。

最終確認日:2017/07/28 最終更新日:2017/07/28

コウメイ:今回は不正解の選択肢をどのように勉強すればいいか考えていきます。 例えばこのような問題です。

第107回医師国家試験B8

母子保健について正しいのはどれか。

  1. 母子健康手帳は都道府県が交付する。
  2. 妊婦健康診査は保健医療の対象である。
  3. 産後休業は母子保健法で規定されている。
  4. 母性健康管理指導事項連絡カードは医師が発行する。
  5. 低体重児の届出の対象となるのは出生体重2,000g未満である。

 

過去問を勉強しているのはいいのですが・・

学生C:正解はdです。第106回医師国家試験に出てたので分かります。

読第106回医師国家試験B8

事業者が行う母性に関する保護措置として法令に基づいているのはどれか。

  1. 出産予定日の6週間前になったので、休業させた。
  2. 妊娠希望の申出があったので、休日業務から外した。
  3. 妊婦健康診査の受診を希望したので、当日を欠勤とした。
  4. 通勤時の混雑が著しいため、産前休業を待たずに休業させた。
  5. 母性健康管理指導事項連絡カードの記載に従い、負担の大きい作業を制限した。

正解:e

 

コウメイ:正解です。直近の過去問をきちんと勉強しているのは大変良いことです。そのまま続けてください。では、きちんと勉強しているかどうか質問させてください。

「きちんと」勉強できているか?

  • 母子健康手帳はどこが交付しますか?
  • 妊婦健康診査は保健医療の対象でないのですか?
  • 産前後休業は何法で規定されているのですか?いつからいつまで休みですか?
  • 母性健康管理指導事項連絡カードはどのようなものですか?何を書くんですか?
  • 低体重児の定義は何ですか?

 

学生C:それはよく分かりません。とにかくdが正解なんです!! 正解したからいいじゃないですか!!

 

コウメイ:大分潔(いさぎよ)いのですがそれではダメです。きちんとした勉強とは言えません。不正解の選択肢もなぜ不正解なのか調べましょう。皆さんはどのように考えましたか?自分なりに考えてみてください。

続きはこちらです。