Goldman三面鏡の正しい使い方 〜前房隅角はどこか?〜【107E8】

コウメイ(@kokusigokaku):今回は眼科の問題です。問題は解けるかもしれませんが、きちんと理解している人は多くないと思います。まずは、問題から見ていきましょう。

第107回医師国家試験E8

眼科の診療器具とこの器具で得られる検査所見とを示す。観察されている部位はどれか。

  1. 涙嚢
  2. 前房隅角
  3. 視神経管
  4. 視神経乳頭陥凹
  5. 網膜黄斑部中心窩
答え(クリック)

b

 

写真の器具はGoldman三面鏡ですが、きちんと理解している方は少ないと思います。Goldman三面鏡について写真を見ながら使い方を説明していきます。

Goldman三面鏡

Goldman三面鏡はこのような形をしていますが、どのように使うか知っていますか?

Goldman三面鏡

Goldman三面鏡の間違った使い方

このようにルーペみたく使うのは間違った使い方になります。

ldman三面鏡の間違った使い方

Goldman三面鏡の正しい使い方

正しくは、先端を患者さんの眼に直接のせて使います。

接触レンズ

点眼麻酔

当然、何もしなければ激痛です。ですので点眼麻酔をしてからGoldman三面鏡をのせます。普通の目薬みたく点眼します。商品名ではベノキシールが有名でしょうか。

ベノキシール

 

細隙灯顕微鏡

患者さんの眼にGoldman三面鏡をのせたら、それを肉眼ではなく細隙灯顕微鏡を用いて見ます。

細隙灯顕微鏡

眼科の先生がよく使っているあの器械です。これを通してGoldman三面鏡を見ます。以上がGoldman三面鏡の正しい使い方でした。

前房隅角はどこ?

なお前房隅角とは強膜と虹彩との間のピンクのマーカー部分です。

前房隅角

 

「どこが前房隅角?」と眼科の先生に聞かれた時に「このあたりです!!」とごまかさないようにしましょう。

前房隅角はどこ?

※前房隅角の状態(開放しているか閉塞しているか)は難しいので国試には詳しくはでないと思います。とりあえず、この写真は前房隅角であることが理解できれば大丈夫です。

これでGoldman三面鏡についての説明は終わりです。