便潜血1回陽性、1回陰性。次はどうする?【104H23】

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:大腸がん検診で便潜血が1回陽性、1回陰性になった方です。皆さん次はどうしますか?

第104回医師国家試験H23

60歳の男性。大腸がん検診で便潜血陽性を指摘されたため来院した。検診結果は2回の検査のうち1回は陽性で、1回は陰性であった。自覚症状はない。10年前の胃がん検診で胃潰瘍瘢痕の疑いを指摘されている。

対応として適切なのはどれか。

  1. 経過観察
  2. 便潜血の再検査
  3. 腹部造影CT
  4. 上部消化管内視鏡検査
  5. 下部消化管内視鏡検査

 

学生B:全部良さそうですね。分かりません。

 

コウメイ:正解はeの下部消化管内視鏡検査です。一見すると全部良さそうにみえますが・・ひとつずつ考えていきましょう。

経過観察

経過観察してどうしますか?再診はいつにしますか?再診したとき何をしますか?あまりオススメではないです。

 

便潜血の再検査

再検査してどうしますか?陽性だったら下部内視鏡検査でいいと思いますが、陰性だったら経過観察ですか、念のため下部内視鏡検査を行いますか?これもあまり意味がありません。

 

腹部造影CT

一見悪い部分(癌)を見つけられそうですが難しいです。初期の癌はCTでは全然分かりません。造影しても分かりません。直接見ることのできる検査(内視鏡)をするべきです。

 

上部消化管内視鏡検査

胃潰瘍、胃癌などの可能性などがあるので上部内視鏡検査はやってもいいと思います。でも、そもそもこの患者は何のために便潜血検査をやったんでしょうか?

 

下部消化管内視鏡検査

そうです。大腸がんを調べるために便潜血検査をしたのです。ですので上部よりは下部内視鏡検査をするべきです。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)