先端巨大症でP(リン)が上がる理由

最終確認日:2017/07/27 最終更新日:2017/07/27

コウメイ:読者の方より先端巨大症について質問をいただきました。試験によくでますのでぜひご覧ください。

読者からの質問
先端巨大症で骨代謝が上がり、高P血症になるのはわかるのですが、なぜCaは上がらないのでしょうか。

 

成長ホルモンとP(リン)との関係

コウメイ:先端巨大症は成長ホルモンが多く分泌される病気です。腎でのNa、Cl、Pの再吸収を亢進させる作用があります。だから高血圧、高P血症になるのです。骨代謝による影響ではありません。Caは上がりません。

 

追記:ステップにきちんと書いてあります

この質問をいただいたときに「教科書に書いてあるだろ~」と思いハリソン内科学、ステップ内科学、病態生理できった内科学を読んでみました。

ハリソン内科学、病態生理できった内科学は高Pになる機序は書かれていませんでした。ステップ内科学は腎での再吸収亢進によるとの記載があり、教科書はステップ内科学が良いと改めて思いました。今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)