コウメイ:Kさんから声音振盪について質問をいただきました。

 

声音振盪の原理を知らない方、声音振盪が亢進・減弱する病気を

ただ丸暗記している方は必見です。

 

まずは質問を見てみましょう。

 

***********************質問***************************

声音振盪について質問です。

気胸と肺気腫、胸水は声音振盪が減弱するのは理解できます。

気体や水が溜まると音は吸収されるからと理解しています。

だとすると、肺炎でも声音振盪は減弱しそうなのですが、

亢進となっていました。なぜでしょうか?

***********************************************************

 

 

 

丸暗記はダメ

コウメイ:まず、肺炎や肺結核で声音振盪が亢進するのは間違いありません。

 

この理由を今から説明していきますが、いつも言っているように

丸暗記はダメです。

 

声音振盪が亢進

  • 肺炎
  • 肺結核
  • 強膜癒着

 

声音振盪が減弱

  • 気胸
  • 胸水
  • 無気肺
  • 肺気腫

 

このようにただ丸暗記している方はいませんか?

 

丸暗記はダメですので、これからの説明をよく読み

しっかり病態を理解しましょう。

 

 

声音振盪とは

そもそも声音振盪とは何でしょうか?

 

 

学生B:肺炎で亢進、胸水や気胸で減弱するものです!!

 

 

コウメイ:・・・。

それは全く本質ではありません。

 

声音振盪とは声のエネルギー(振動)が胸壁に伝わったものです。

 

もっと具体的に言えば

声帯⇒気管⇒気管支⇒肺胞⇒胸腔⇒胸壁

と伝わってきたエネルギー(振動)を手や聴診器で感じとったものです。

 

 

声音振盪の減弱する病気

声音振盪の本質が分かったところで、亢進、減弱について

説明していきます。減弱の方が理解しやすいので、まず

こちらからお話していきます。

 

先程、エネルギー(振動)の伝わる経路について説明しましたが、

大事なのは肺胞⇒胸腔⇒胸壁の部分です。

 

肺胞を風船に例えると分かりやすいので、風船を例に

エネルギー(振動)の伝わりを考えてみましょう。

 

風船

 

 

上のむすんであるあたりが気管支だと思ってください。

そのあたりを指でツンツンするとどうなると思いますか?

 

 

学生B:先生、そんなセクハラして・・

 

 

コウメイ:全体に少し振動が伝わりますね。

それが声音振盪です。

 

 

気胸、無気肺

その振動は空気中を伝わりますか?

 

 

学生B:ほとんど伝わりません。

 

 

コウメイ:そうですね。振動は空気を伝わりにくいんです。

ですので、気胸では声音振盪は減弱します。

 

無気肺では肺が小さくなる分、胸腔の空気が多くなりますので、

同様の理由で声音振盪は減弱します。

 

 

胸水

今度は風船を水の中(お風呂とかプール)に入れてみましょう。

振動は水を伝わりますか?

 

 

学生B:ほとんど伝わりません。ということは、胸水では

声音振盪は減弱するということですね。

 

 

コウメイ:その通りです。

 

 

肺気腫

なお、肺気腫はエネルギー(振動)が伝わる肺胞が少なくなる病気

ですので声音振盪は減弱します。

 

 

声音振盪の亢進する病気

コウメイ:先程は空気の風船でエネルギー(振動)がどのように

伝わるか考えましたが、今度は水風船で考えてみます。

水風船

 

また、ツンツンしてみましょう。今度はどうなりました?

 

 

学生B:全体がブルンブルンとかなり振えました。

空気の風船よりよく振えます。

 

 

肺炎、肺結核

コウメイ:これから分かるように、肺胞のに水があると

エネルギー(振動)が伝わりすいんです。

 

ですので、肺胞に水がたまる肺炎や肺結核では声音振盪が亢進します。

 

小さいころ遊んだ経験がこのようなところで役に立ちました。

人生何が役に立つか分からないので色々経験してみることが大切ですね。

 

最後はちょっと違う方向に行きましたが、これで説明は終わりです。

 

今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)

声音振盪の原理 | 肺炎で亢進する理由