コウメイ:yasuさんから血管収縮について質問をいただいたので解説したいと思います。

 

 

TECOMを見ていて気になったことが出てきたので質問させてください。

COPDのところで、『COPDが長く続くことにより、右心不全となる。

それは、PaO2が低い状態が続くと肺血管が細くなり基底膜が肥厚して攣縮し、

肺高血圧症になるから』とありました。

 

コウメイ先生は以前、「血管は二酸化炭素が多い(酸素が少ない)と開き、

二酸化炭素が少ない(酸素が多い)と閉じる」という風にご説明されていました。

すると三苫先生のCOPDで肺高血圧になるという機序は、これと矛盾している

ように感じてしまうのですが、どのように解釈するのがよろしいでしょうか?

 

 

コウメイ:こちらを読んでいただけたのですね。ありがとうございます。

まだ読んでいない方はぜひ一度読んでみてください。

血管収縮 | 酸素と二酸化炭素どっちが良い指標?

 

 

それでは一緒に考えて行きましょう。学生B君はどう思いますか?

 

 

1.コウメイが間違っているのか?

学生B:コウメイ先生間が違っているんじゃないですか。

やっぱり、三苫先生の方が正しいですよね。

 

 

コウメイ:(いつも一緒に勉強しているのにそんな風に思ってんのか)

どっちも正しいです。

 

前回、あまり色々説明すると混乱すると思ってあえて言わなかったんですけど、

肺血管は他(脳血管、冠動脈、末梢血管)と違って収縮と拡張とがです。

 

つまり

  • 酸素が少ない(二酸化炭素が多い)⇒収縮
  • 酸素が多い(二酸化炭素が少ない)⇒拡張

です。

 

それではもう少し詳しくそれぞれの立場になって考えましょう。

 

 

2.脳、心臓、末梢

とにかく酸素を欲しがっています。

 

ここで、脳のある部分で酸素が足りなかったひとがいたとします。

この場合どうしたらその部分へ酸素を多く供給できるでしょうか?

  1. 血管を拡張させる
  2. 血管を収縮させる

 

 

学生B:aです。

 

 

コウメイ:正解です。

 

 

学生B:でも血管を収縮させて他のところへ血流を多く流せばいいんじゃないですか?

 

 

コウメイ:それ本気で思っていますか?

そんなことしたら血管が収縮した場所が壊死しますよ。

本当にいいんですか?

 

 

学生B:だ、だめです。

 

 

コウメイ:そうですよね。それに他のところは血液が足りていないわけではありません。

血流を多くする意味はありません。

 

 

3.肺

血液に酸素を供給するのが目的です。

 

ここでCOPDなどで肺胞壁が厚くなってしまい、肺胞から血管内へうまく酸素が

拡散しないひとがいたとします。血液にあまり酸素が供給できません。

この場合どうしたら血液に多くの酸素を供給できるでしょうか?

  1. 血管を収縮させる
  2. 血管を拡張させる

 

 

学生B:bじゃないんですか。血管を拡張させればいいと思います。

 

 

コウメイ:違います。もともと肺胞壁が悪いので血管を拡張させようが

肺胞から血管内へあまり酸素が拡散しません。

血流は多くなりますが、そもそも酸素が少ないので意味がありません。

 

それよりは肺胞壁が悪い部分の血管を収縮させ、その分肺胞壁が

悪くなっていないところ(酸素が多いところ)の血管を拡張させたほうが

全体としては多くの酸素を血液に供給したことになります。

 

 

学生B:じゃ、その収縮した部分は壊死しちゃうんじゃないですか?

(さっきそう説明したじゃないですか?)

 

 

コウメイ:肺の血管、正確には肺動静脈は肺の栄養血管ではありません。

この血管が収縮しようが何しようが肺が壊死することはありません。

 

肺の栄養血管は気管支動脈です。

 

ですので肺はいかに血液に多くの酸素を供給するかということだけ考えていればよいのです。

 

その結果

  • 酸素が少ない(二酸化炭素が多い)⇒収縮
  • 酸素が多い(二酸化炭素が少ない)⇒拡張

となります。

 

これで説明は終わりです。難しいところですが理解できたでしょうか。

今回は以上で終わりです。お疲れ様でした(^_^)

2 thoughts on “血管収縮 | 肺血管は他の組織と逆!!

  • 2013/08/16 at 15:15
    Permalink

    分かりやすい説明、ありがとうございます!
    またよろしくお願いします^^

    Reply
    • コウメイ
      2013/08/17 at 16:51
      Permalink

      yasuさん

      他の人の質問への記事にさらに質問する。
      これはいい循環だと思います。
      このようにして皆さんで国試に合格してほしいです。

                       コウメイ

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>