肺動脈絞扼術(PA banding)の適応は?

YO:今回は小児の先天異常について勉強していきます。

まずは問題を見てみましょう。

 

 

【第108回医師国家試験I-35】

肺動脈絞扼術が適応となる疾患はどれか。2つ選べ。

a. Fallot四徴症

b. 動脈管開存症

c. 心房中隔欠損症

d. 完全大血管転位症

e. 心内膜床欠損症(房室中隔欠損症)

 

 

YO:最近は小児心臓外科の治療的なことも聞いてくるようになりましたね。

きちんとした病態の理解が大切です。

 

 

略語・英語

脱線しますがそれぞれの略語・英語はきちんと覚えていますか?

今後、国試でも聞かれるかもしれないですし、臨床では略語でいうことが多いので

覚えておいてくださいね。

 

b. 動脈管開存症=PDA Patent Ductus Arteriosus

c. 心房中隔欠損症=ASD Atrial Septum Defect

d. 完全大血管転位症=TGA Transposition of Great Arteries

e. 心内膜床欠損症=ECD Endocardial Cushion Defect  

 

 

肺動脈絞扼術

肺動脈絞扼術ですが、英語でPA bandingというように、肺動脈に

バンディングテープという肺動脈を狭くするようなテープをつけ、

肺動脈に入る血流量を調節する手術です。

 

これはどういう病態で有効でしょうか?

 

そう、肺動脈に入る血流が多すぎて肺高血圧症などをきたしてしまう病態ですね。

基本的には左右シャントがある病気を選べばいいのでa, c, d, eのどれかになります。

 

ただ、aのFallot四徴症は肺動脈狭窄があるので、さらに狭窄させてはいけません。

 

また、cの心房中隔欠損症はシャント量がそれほど多くはなく、無症状のことも

多い病気なので、肺動脈絞扼術の必要はありません。

大人になった時に中隔を閉じる手術をすることが多いです。

 

残るd完全大血管転位症、e心内膜床欠損症が答えになります。

それぞれどういう病態はここでは説明しきれないので、気になる方は

教科書で確認してください。

 

なお、VSD(Ventricular Septum Defect 心室中隔欠損症)も肺動脈絞扼術を

することがあります。実は、もっともっといっぱいありますが、まずはここらへんを抑えましょう。

 

本日は小児の先天異常について勉強しました。

次回は反射について解説していきます。